田中勇一と菊園夏樹が公開大捜索2017に!画像や全生活史健忘の原因や治療法,症状とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2月1日に放送される「緊急!公開大捜索2017春」で
記憶を失っている状態で発見された推定23歳の田中勇一さんと
推定17歳の菊園夏樹が紹介される。

「気づいたら全ての記憶を失っていた」と語る
田中勇一さんと菊園夏樹さんに下された病名は
全生活史健忘(ぜんせいかつしけんぼう)というもの。

そこで、田中勇一さんと菊園夏樹さんの情報や全生活史健忘という病気の
症状や原因、治療法などをご紹介していきたい。

追記

林田遼太郎(菊園夏樹)はいじめが記憶喪失の原因に?公開大捜索で担任が電話出演!

森聖仁(田中勇一)の卒アル画像!公開大捜索で高校の同級生が電話出演し、正体が判明か?

スポンサードリンク





田中勇一の画像や情報

【田中勇一さんの画像】

氏名:田中勇一(たなかゆういち)※本人申告
年齢:推定23歳 ※本人申告
生年月日:平成5年3月9日 ※本人申告
保護年月:2012年9月7日
保護場所:佐賀県唐津市内の公園
身長:およそ170cm

本名は森聖仁さんの可能性?

菊園夏樹の画像や情報

【菊園夏樹さんの画像】

氏名:菊園夏樹(きくぞのなつき)
年齢:推定17歳
保護年月:2016年3月4日
保護場所:愛知県春日井市 春日井駅前
身長:約170cm 体重:約50kg

本名は林田遼太郎さんの可能性?

全生活史健忘の症状とは

全生活史健忘の症状は自分の名前や年齢、家族、
どこで生まれ、どんな環境で育ち、今まで何をしてきたのか、など

主に自分に関する情報や記憶を失ってしまうという恐ろしい症状で
一般的に記憶喪失などと言われる。

また、自分に関する記憶を失うということだが、
社会的な出来事やニュースなどは覚えている場合があるという。

日本でこの全生活史健忘を発症した件数はわずか70件ほどで、
そのうち解決事例は数件しかないという。

全生活史健忘の原因

原因は主に心理的要因と外部的要因の二つがあり、
心理的要因は人が耐えられないような強いストレスを受けることによって
大きな精神的負担がかかり、自分の精神状態を守る防衛本能として
全生活史健忘が発症してしまい、この原因による発症が多いという。

ちなみにこの強いストレスとは
借金や家族の死、仕事、進学、異性問題などが原因となっているケースが多いという。

一方、外部的要因は脳震盪など頭部に強い衝撃を受けることによって
記憶が失ってしまうというもので、
こちらの原因は漫画やドラマなどでよく見るパターンだが、

脳震盪になっても全生活史健忘にならない人が大半であり、
日本でも70件ほどしか発症例が無いということで、
よほど打ちどころが悪くないと発症せず、
その打ちどころも人によって様々なものだ。

なので、外部的要因で発症するというのは確率的に低いが、
頭部に強い衝撃を受ければ誰にでも発症する可能性があるということである。

全生活史健忘の治療法

全生活史健忘を発症した人が記憶を回復する手がかりとなる人や物などと接触させたり、
病院では麻酔分析療法といって、麻酔注射をして意識レベルを低下させる状態にして、
質問を投げかけることで記憶を蘇らせる方法がある。

また、全生活史健忘の症状が改善した例として
発症した人がよく聴いていた音楽を聴かせたところ、
症状が回復した例もあるそうだ。

しかし、治療によって記憶が回復したとしても、
全生活史健忘の原因は強いストレスなどの心理的要因であることが多いため、
そのストレスを思い出すことによって、うつ状態や自殺願望が生じてしまう恐れもあるのだ。

なので、その後の周りの人のケアがより一層大事となってくる。

スポンサードリンク





公開大捜索の類似番組の公開大捜査は貢献が凄かった

全生活史健忘の田中勇一さんと菊園夏樹さんが「公開大捜索2017春」でご紹介されるが、
類似番組の「公開大捜査」では多くの事件を解決している。

「公開大捜査」第1弾の放送が2016年2月29日に行われ、その際は
未解決のオレオレ詐欺事件について扱われ、犯人の防犯カメラの映像までも公開された。

すると、それを見た犯人の母親が自分の息子に似ていたことから息子を問いただすと、
息子が罪を認めたため、警察に出頭し、事件は無事解決している。

そして、第2弾は2016年3月7日に
フラワーアート制作会社の顧問である柳雅人容疑者についての放送がされたのだが、
3月17日に逮捕されている。

しかし、これは捜査員が大阪市内の路上にいる柳容疑者をたまたま発見して逮捕されたため、
番組が直接貢献したわけではないが、自分が大々的に報じられたことで居場所を失い、
逮捕された可能性もあるため、一概に貢献していないとはいえない。

なので、今回の「公開大捜索2017」で取り上げられた内容も
今までの傾向から見ると無事に解決する可能性が高いため、
今回もこの番組がきっかけで良いニュースが聞けることを期待したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る