林田遼太郎(菊園夏樹)はいじめが記憶喪失の原因に?公開大捜索で担任が電話出演!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2月1日に放送された「公開大捜索2017」に出演した記憶喪失の菊園夏樹さん。
番組内で情報を呼びかけたところ、中学1年生の時の担任を名乗る男性から連絡があり、
名前が林田遼太郎(はやしだ りょうたろう)さんであることを告げられるという衝撃的な内容が話題となっている。

また、それだけでなく、ツイッターを見てみると、
林田遼太郎さんは過去にいじめを受けていた可能性が高いことも判明してきた。

なお、菊園夏樹さんが林田遼太郎であると確定したわけではないが、
この記事では林田遼太郎さんとして記載していきたい。

スポンサードリンク





林田遼太郎の記憶喪失の原因はいじめ?

「公開大搜索2017」の番組内では中学1年生の時の担任の先生が電話をして、
名前は菊園夏樹ではなく、林田遼太郎さんであることが判明した。

さらに、それだけでなく

・水泳部に所属していたこと
・妹がいること
・京都に住んでいたこと
・天王山が有名な町に住んでいたこと

などが担任の先生を名乗る男性によって明かされたものの、
本人はその情報を聞いても記憶を思い出せない様子だった。

しかし、この放送を受けてツイッターでは
林田遼太郎さんの同級生と思われる人物のツイートが話題を集めていた。

その人物のツイッターには1年前に以下の画像をツイート。

この画像は林田遼太郎さんと非常によく似ていることが確認できる。
【菊園夏樹さんとして掲載された現在の画像】

さらに、2014年5月29日には

林田に懸賞金かけまーす

殴ったやつ500円
○したやつ20000円で

というツイート。

また、この人物のツイートから林田遼太郎さんは留年が決定し、
それ以降2016年3月には行方不明になったというツイートも確認できた。

このような内容から林田遼太郎さんはいじめられていた可能性が高く、
留年も決まったことで、ストレスの負荷に耐えきれなくなり、記憶喪失になった可能性が高い。

また、出身中学校は大山崎中学校で
出身高校は舞鶴高専機械工学科という情報もあるが、
この情報が正しいかは不明である。

林田遼太郎は本を読むことが大好きだった?

さらにネットでは「広報おおやまざき2007年11月号」に
林田遼太郎さんが掲載されているという情報も流れている。
その画像がこちら。

小さい頃から読書が好きだったことを考えると、現在も読書が好きな可能性があるが、
確かに話し方などを見ていると、しっかりと言葉を選んで賢い人のような印象を個人的に受けたため、
読書家である可能性が高いと感じる。

林田遼太郎の姉が出演

林田遼太郎さんの姉を名乗る女性が電話出演した。
その内容は

・姉、林田遼太郎さん、妹の3兄妹であったこと
・姉とは一緒に住んでいなかったこと
・家は近くだったが車が必要な距離に姉が住んでいたこと
・ペットで白い柴犬を飼っていること
・父親が熱心に捜索していたこと

などが明らかとなった。
また、林田遼太郎さんが記憶喪失になった理由については
本人のことも考えて、この場で話せないとした。

話の途中でオンエアが終了してしまったため、これ以上の内容は不明のままだが、
行方不明の弟が見つかった割には姉の様子が冷静で笑いながら話していたというのが印象的だった。

スポンサードリンク





林田遼太郎にとって本当に良いことだったのかとの声も

ツイッターを見てみると、これまでにご紹介した通り、
林田遼太郎さんが過去にいじめられていた可能性が高いことや
留年が決定していたことも判明したが、

本人がこの情報を知って記憶喪失がなくなった場合、
果たして本当に彼にとって良いことなのかという意見も目立っている。

記憶喪失は脳震盪などの外部的要因もあるが、強いストレスに対する防御反応として
記憶喪失になる内部的要因もあり、一般的には後者の方が多く見られるという。

また、今までご紹介したツイートは放送前から投稿されており、
放送中に担任の先生が電話出演する前からもいくつかの投稿が見られたため、
かなり有力な情報であることはほぼ間違いない。

となると、林田遼太郎さんが受けていたダメージは相当なものだったことがよく伝わってくるが、
仮に記憶喪失の人の記憶が戻った場合、
その時のショックによってうつ病や自殺未遂のような行動を起こす可能性もあるということなので、
周りの人のケアというのがより重要になってくるだろう。

森聖仁(田中勇一)の卒アル画像!公開大捜索で高校の同級生が電話出演し、正体が判明か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る