アライフ(A LIFE)1話のネタバレやあらすじ,感想や視聴率は?木村文乃の柴田由紀が個人的にツボ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1月15日ドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」の第1話が放送された。
木村拓哉さん主演のドラマは「アイムホーム」以来の約1年半ぶりということと、
SMAP解散後のドラマ出演ということで放送前から大きな注目が集まっていた。

そんな「A LIFE」の第1話の放送を実際に見たので
第1話のあらすじやネタバレ、感想や視聴率についてご紹介していきたい。

スポンサードリンク





虎之助が余命半年、沖田がシアトルから日本へ【アライフ あらすじ,ネタバレ】

壇上記念病院の院長を務める壇上虎之助(柄本明)と
副院長の壇上壮大(浅野忠信)は経営方針で意見の食い違いが活発になっていた。

そんな中、虎之助が突然倒れ、
検査の結果、余命半年であることを虎之助の娘、壇上深冬(竹内結子)が告げられる。

虎之助も自分がこのままでは助からないことを悟ると、
10年前に壇上記念病院に勤めており、アメリカ・シアトルで実績を残している
沖田一光(木村拓哉)に手術をしてほしいと告げる。

そこで連絡を受けた沖田は虎之助の手術のため、
シアトルから日本へと帰国した。

沖田はリスクの高い手術を虎之助に受けさせる【アライフ あらすじ,ネタバレ】

沖田は病院に到着すると、幼馴染の壮大に連れられ虎之助の元へ。
すぐに診察をすると、今までに一度しか行ったことのない手術を提案した。

しかし、それを聞いた井川颯太(松山ケンイチ)や羽村圭吾(及川光博)は
「馬鹿馬鹿しい」と反発。

ただ、虎之助はそれでも手術を受けることを決意したため、手術が行われた。
だが、大事な手術の最中にもかかわらず壮大は顧問弁護士の榊原実梨(菜々緒)とイチャイチャしていた。

そして、手術は終了し、無事成功したかに思われたが・・・

虎之助の容体急変で沖田の信用がガタ落ち【アライフ あらすじ,ネタバレ】

それからしばらくすると、虎之助の容体が急変し、
意識不明の昏睡状態へと陥ってしまう。

これによって沖田の手術は失敗したというレッテルが貼られ、
井川や羽村には
「自分の実績を作るために手術をしているだけだ」と言われ、
さらには深冬には
「このままシアトルに帰ってほしい」と周りからの信用を完全に失ってしまった。

沖田の最大の味方、由紀が現れる【アライフ あらすじ,ネタバレ】

しかし、沖田はそれでも他の方法はないか過去の資料を調べていると、
オペナースの柴田由紀(木村文乃)が沖田の元に駆け寄り、情報収集に協力した。

その一方で羽村は井川を連れて、
「3ヶ月待ちなのは承知しているが、何とか手術してほしい」と
顧客から資金を受け取り、帰りのタクシーで
「人脈作りは大事だよ」と井川に言った。

井川はその姿を見てため息をついた。

沖田は昼夜を問わず、虎之助を助けるために資料を読み漁っていた。
そして、由紀の助言もあって、ついに虎之助のオペを思いつく。

沖田が再びオペを提案【アライフ あらすじ,ネタバレ】

その頃、壇上記念病院ではミーティングが開かれており、
院長が受けたオペは倫理的に問題があるオペだったという結論に達しようとしていた時に
沖田が会場に入り、オペの提案をする。

それを聞いた井川らが反対するが、
沖田は「まだできるオペがある」と主張するも、オペはしないと決まりそうな展開に。

その時、深冬が立ち上がり
「父がもう亡くなったかのような扱いを受けていることに腹が立ち、
もう無理だと諦めていた自分に一番腹が立った。

沖田先生、よろしくお願いします。」

虎之助の手術の成功し、シアトルへ戻ろうとするも・・・【アライフ あらすじ,ネタバレ】

こうして、オペが行われることとなり、
沖田はオペを完璧にこなしたのだ。

オペを壮大と一緒に見ていた深冬だったが、
終了した瞬間に沖田の元へ。

そして、壮大は壁を思い切り殴った。

手術が成功し、意識を取り戻した虎之助は沖田に感謝を述べるとともに
「うちに残らないか?」と勧誘した。

しかし、沖田は
「まだ向こうで学ぶことがたくさんあるので」
と虎之助の勧誘を断った。

その後、由紀は沖田に
「この病院はあなたが残るところではない」と忠告。

沖田は由紀に
「何で、他の病院に行かないのか」と尋ねると

「行く場所がないから・・・」と言った。

虎之助の次は深冬が生命の危機に【アライフ あらすじ,ネタバレ】

こうして手術を終えた沖田はそのままシアトルに帰る準備をしていたが、
壮大から呼び出され、あるレントゲンの写真を見せられる。

そのレントゲンには脳に腫瘍ができたものが映し出されており、
メスを入れても場所が場所だから死に至る可能性があると説明を受けた。

そして、沖田は壮大からこの手術を引き受けてくれないかと依頼される。
しかし、沖田は
「脳は子供しか切ったことがないし、
日本でトップの脳外科医と言ったら壮大だろ」
と返すと、壮大は

「このレントゲン・・・実は深冬のものなんだ。
俺は家族だし、切ることができない。

お前しかいないんだ!」

と、深冬が脳腫瘍であることを打ち明けたのだ。

そして、沖田は壇上記念病院に医師として勤めることを決心した。

以上が「「A LIFE〜愛しき人〜」の第1話のネタバレ、あらすじである。

沖田は壮大によって海外に飛ばされていた【アライフ あらすじ,ネタバレ】

また、10年前に虎之助に海外行きを命じられた沖田だったが、
それを提案したのは壮大だった。

当時、沖田は深冬と交際していたのだが、
壮大はそれが面白くなかったのだ。

結局、沖田と深冬はそれによって別れることとなり、
壮大が深冬と結婚したという経緯があった。

しかし、沖田が海外行きを提案したのが壮大だということを知らないため、
今後の話の流れでそれが表に出る可能性が高い。

スポンサードリンク





「A LIFE〜愛しき人〜」第1話の感想

第1話から主要人物が次々と病にかかるという少し衝撃的な内容だったが、
展開がスムーズで、それぞれの登場人物の特徴が分かりやすいという感想を持った。

また、壇上記念病院に沖田のような決断力を持った医師が存在せず、
羽村は顧客から裏金を受け取る始末で、かなり腐敗していることがわかるが、
沖田がそんな壇上記念病院をどう変えていくのかが楽しみだ。

そんな壇上記念病院だが、オペナースの由紀は普段は冷めた対応をしているが、
沖田に早くから興味を持ち、唯一の味方となっただけでなく、
知識も豊富という役柄が個人的には一番好感を持ったかもしれない。

また、壇上記念病院に染まるのか、それとも沖田についていくのか、
井川の今後の行動にも期待したい。

おそらく、第2話では深冬の手術は行われず、
最終回まで引き延ばすのかは不明だが、
深冬がどうなってしまうのだろうか。

個人的には深冬の腫瘍が判明した時、
壮大は悲しそうな表情を浮かべていたが、
実梨と不倫関係にあるため、深冬を心配する感情が本物なのか疑問に思っている。

「A LIFE〜愛しき人〜」第1話の視聴率は?

アライフの第1話の視聴率は発表され次第更新したい。

16日、「A LIFE〜愛しき人〜」第1話の平均視聴率が
14.2%(関東地区)であることが発表された。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る