嘘の戦争 1話ネタバレ,あらすじ,感想!犯人や仁科の目的や2話の展開は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

草彅剛さん主演のドラマ「嘘の戦争」第1話が1月10日に放送された。

SMAP解散後初ドラマということで注目を浴びているが、
今回の作品は高視聴率だった「銭の戦争」のスタッフが再集結して作られており、
「銭の戦争」と名前は似ているが、ストーリーは全く別で原作はなく、
オリジナルストーリーとなっている。

ここではそんな「嘘の戦争」の第1話のあらすじやネタバレ、
感想や犯人の予想などについてまとめていきたい。

スポンサードリンク





嘘の戦争のあらすじ

嘘の戦争のあらすじを大まかにまとめてみた。

30年前、主人公・浩一(草彅剛)の身に父親が母親と弟と無理心中するという衝撃的な出来事が起きた。
しかし、当時9歳だった浩一は犯人の顔をしっかり見ていた。

光一は「犯人は父ではない、真犯人の顔を見た」と証言するも誰にも信じてもらえず、
周りから嘘つき呼ばわりされ、親戚からの印象も悪くなってしまった。

やがて浩一は呼び名通り、嘘つきに磨きをかけ、
立派な詐欺師へと成長し、タイに渡って名前も変えていた。
しかし、そのタイで真犯人の特徴として記憶にあった「あざのある男」と偶然再会することで
30年間眠っていた感情が蘇り、復讐ために日本に戻ってきた。

そして、事件について調べると、次々と事件関係者たちを突き止め、
その事件関係者たちに詐欺師で活かした罠を仕掛けていく。

しかし、それを阻もうとするのがニシナコーポレーションの会長・二科興三(市村正親)や
次男で社長の・隆(藤木直人)、子会社の社長の長男・晃(安田顕)で彼らと激しい攻防戦を繰り広げる。

その一方で、相棒役となっている女性詐欺師・ハルカ(水原希子)や
二科家の長女の女医・楓(山本美月)が登場し、
浩一を巡る三角関係に発展してしまう。

浩一は真犯人に復讐することができるのか、
また、三角関係の行方は事件に関係するのか、
その展開に注目だ。

嘘の戦争の相関図

■一ノ瀬浩一(草彅剛)
詐欺師、真犯人への復讐を誓う。

■十倉ハルカ(水原希子)【浩一に片思い?】
女詐欺師、浩一の相棒。

■百田ユウジ(マギー)【浩一の兄貴分】
浩一に詐欺の手法を教えたバーのマスター。

■八尋カズキ(菊池風磨)【詐欺師仲間】
百田ユウジの甥で詐欺師見習い。

■三平守(大杉漣)【信頼している】
浩一の父の友人で児童養護施設の経営者。

■仁科興三(市村正親)【浩一が復讐を企てる】
30年前のある事件を機に会社を急成長させた
ニシナコーポレーションの会長。

■仁科隆(藤木直人)【浩一を警戒】
仁科家の次男でニシナコーポレーションの社長。

■仁科晃(安田顕)【浩一を信頼】
仁科家の長男で子会社の社長。

■仁科楓(山本美月)【浩一に利用される】
仁科家の長女。仁科家の強引なやり方に嫌気がさし、
家を出て医師に。

■七尾伸二(姜暢雄)
仁科興三(会長)の秘書。

■四谷果歩(野村麻純)
仁科隆(社長)の秘書。

スポンサードリンク





【ネタバレ】浩一が謎の男に刺される

浩一は興三が開いたパーティーに出席していた。
その席で晃から優秀な経営コンサルタントとして興三は浩一の紹介を受ける。
しかし、興三は
「経営コンサルタントには興味がない」と言い放つ。

そんな中、パーティー会場にいた五十嵐久司(甲本雅裕)が
「悪いのは俺じゃない・・・」と言ってナイフを手に興三に襲いかかろうと迫ってきた。

だが、それをかばったのは浩一で腹をナイフで刺され、プールの中に落ちてしまう。

【ネタバレ】30年前の犯人をタイで発見し、日本へ帰国

ここで物語は一ヶ月前へと遡る。

タイのバンコクで浩一は三枝という男にガールズバーの投資を勧めていた。
しかし、これは十倉ハルカ(水原希子)と組んだ詐欺であり、
二人はこの日も詐欺を成功させていた。

ある日、浩一がホテルのラウンジにいると腕にあざがある男を目撃する。
この腕にあざがある男は父親を殺害した犯人の特徴と一致していたのだ。

この男の正体は落としたボールペンから
慶明医科大学准教授の五十嵐久司(甲本雅裕)だと特定する。

そして、浩一はハルカに日本に帰ることを告げ、
五十嵐に復讐することを誓った。

【ネタバレ】五十嵐を極限との接触

浩一はバー「800」の百田ユウジ(マギー)の元を訪れ、
「身元を洗いたい人間がいる」と相談を持ちかけると
百田は店にいて詐欺になりたいという甥の八尋カズキ(菊池風磨)を
「こいつを好きに使っていい」と紹介した。

浩一は早速慶明医科大学病院に関係者を装って潜入し、
五十嵐の研究室から情報を抜き取り、パソコンをウイルスに感染させ、
盗聴器まで仕掛けた。

浩一は宮森わかばの家を訪ね、
園長をしている三平守(大杉漣)と再会する。

三平は浩一の父親と同じ医者で父親の後輩という関係性で
現在は本名の千葉陽一ではなく、一ノ瀬浩一を名乗っていること、
経営コンサルタントをしていることを伝えた。

また、浩一が現在ホテル暮らししていることを知ると、
三平は施設を利用することを勧めてきたため、
浩一は宮森わかばの家でしばらく寝泊りをすることとなった。

浩一は出勤してきた五十嵐に接触し
「覚えてる?30年前にあなたが殺そうとした男の子のことを」
と言うと、五十嵐は
「まさか・・・千葉先生の息子の・・・」

そして、浩一が父親や当時5歳の弟までも殺めた理由を問い詰めると五十嵐は
「まだ、そんな嘘を・・・
君は強いショックを受けて誰かに殺されたという妄想を見ているだけだ」と言った。

それを受けて浩一は
「絶対に嘘を暴いてやる」と言ってその場を立ち去った。

その後、五十嵐は盗聴器が仕掛けられた研究室である男と電話をしていた
「あなたの指示でやっただけなのに職場まで押しかけられた!
何とかしてください!」

その男は
「わかった、あとで折り返す」と言って電話を切った。

五十嵐は最後に
「もしもし、仁科さん?」と言っており
この電話内容を浩一はしっかりと聞いていた。

【ネタバレ】事件の黒幕は仁科興三だと突き止める

バー「800」では
百田とカズキが五十嵐について調べており
そこに浩一がやってくる。

・ヤミ金融からお金を借りていること
・月に一度タイの売春ツアーに参加していること

が発覚し、浩一は「仁科」についても調べて欲しいと依頼する。

そして、バー「800」で「仁科」の正体は
医療機器メーカーニシナコーポレーションの会長
「仁科興三(市村正親)」であることが判明。

そこに浩一から呼び出されたハルカがやってくる。
その後、ハルカは清掃員としてニシナコーポレーションに潜入することに。

【ネタバレ】楓との出会い

しかし、仁科興三は体調の面からほとんど公の場に現れないため、
接触は不可能。
一番接触しやすいのは仁科家の長女の仁科楓(山本美月)だとハルカが提案した。

早速浩一は事故を装って楓に近づき、自分の名刺を渡して去って行った。

【ネタバレ】五十嵐を極限まで追い込む浩一と事件の真相

その頃、仁科興三は秘書の七尾伸二(姜暢雄)に千葉陽一(浩一)について調べさせていた。
すると、七尾が提示したのは現在オーストラリアに住んでいるという
浩一が作成した千葉陽一のダミーサイトだった。

そして、七尾と五十嵐が接触し、例のサイトを見せた上で
「会長はあなたが騙されているか、
あなたが会長を騙そうとしているか」という考えを持っていることを伝えた。

五十嵐は困惑した様子で研究室に戻ると、
部屋一面に晩春ツアーの時の写真が貼られていた。

そして、浩一から電話がかかってきて
会って直接話すこととなる。

浩一は五十嵐が父親を殺害した理由を問いただすと
「借金をチャラにしてくれるから」と殺害に関与した事実を認めた。

また、その経緯について
「君の父親は気づいていけないことに気づいてしまい、
それを警察に伝えようとしたため、興三の指示で殺害した。

しかし、その時に家族が帰ってきたため、
もう一人の犯人が殺害した。

ただ、君の父親が警察に何を伝えようとしたのかは本当に知らないんだ!」
と核心の部分については五十嵐も知らなかったのだ。

「許してくれ!」と浩一に迫ってきた五十嵐だったが
浩一はヤミ金など不正入金の記録をすでに慶明医科大学病院などに流していた。

「必ず事件に関わった者全員を地獄に落としてやる!」
そう言い残して浩一は立ち去った。

【ネタバレ】楓から晃の情報を聞き出す

浩一は楓の前に再び姿を現した。

・母は小さい時に亡くなっていること
・今は家族がバラバラの情報であること
・長男の晃は元高校球児でたまに野球観戦に行くこと

を聞き出し、その場を後にする。

バー「800」
浩一、ハルカ、百田、カズキの4人が集まり、
仁科家の長男、仁科晃(安田顕)の情報を見ていた。

そして、今度は晃に接触することを目標とした。

【ネタバレ】浩一の子会社の経営コンサルタントに雇用される

浩一は晃行きつけのお店に行き、
晃に
「SNSで見かけて知っている」と声をかけた。

さらに、野球をやっていたと共通の趣味であることを言って、
晃に接触することに成功した。

晃は弟の隆(藤木直人)の指示で子会社に左遷されており、
浩一は「東南アジアに進出してみてはどうか」と提案し、
タイなら人脈があり、御社の製品に興味を持っていると偽って
晃は経営コンサルタントとして晃を起用することとなる。

浩一は頭金として200万円を振り込ませたことで
晃は完全に浩一を信用していた。

【ネタバレ】隆との出会い

そして、今後の戦略のために会長(興三)に会いたいと晃を説得し、
晃とともに興三の元の部屋へ向かったが、
そこで待っていたのは次男で社長の仁科隆(藤木直人)だった。

隆は浩一を強く警戒しており、
「兄に近づかないでほしい。
あなたの目的は何ですか?

経歴にハーバード大学卒業とありますが、本当に卒業生の方ですか?
こちらにはハーバード大学を卒業した者の知り合いもいるので確認させてもらいます」
などと強い口調で言い放つ。

結局、話は進まなかったが、晃は週末にある興三の誕生日パーティーに
浩一を合わせることを約束した。

その夜、隆がハーバード大学の卒業名簿を見ると
そこには確かに「Kouichi Ichinose」の名前があった。

浩一はハーバード大学に一ノ瀬浩一の名前が載っているのを知った上で
その名前を偽名として使用していたのだ。

嘘の戦争のネタバレの続きは次ページへ

ページ:

1

2

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 實岡
    • 2017年 1月 13日

    一話を見損なってしまいとても残念です。草さんのドラマ視聴率たくさんとってももらいたくて応援してます。
    見損なってしまった方専用の番組、他の日にでも見れられるといいなって思います。
    草さんの演技とても素晴らしいです。
    僕の生きる道から、ずっと感動を与えてくださる凄い人だと思います。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る