朴鐘顕(講談社編集次長)の逮捕を文春がスクープ!(画像)進撃の巨人も担当していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

東京都文京区の住宅で昨年8月に女性が死亡した事件の犯人として
講談社で編集次長を務め、進撃の巨人なども担当していた
朴鐘顕(パクチョンヒョン)容疑者が殺人容疑で逮捕された。

死亡した女性は朴鐘顕容疑者の妻の佳菜子さんで
事件当時は自殺とされていたが、警察が慎重に朴鐘顕容疑者を調べた結果、
今回の逮捕に至ったということだが、その決め手は何だったのだろうか。

また、朴鐘顕容疑者の逮捕を週刊文春がスクープしていたことも明らかとなった。

スポンサードリンク





朴鐘顕の事件の経緯

朴鐘顕の画像

事件の発生は去年の8月9日
東京都文京区千駄木の住宅で朴鐘顕容疑者が警察に
「妻が階段の下で倒れている」と通報したことで発覚。

妻の佳菜子さんは病院に搬送されたものの、そのまま死亡し、
朴鐘顕容疑者は
「妻と喧嘩をして2階の部屋にいたら首をつって自殺していた」と警察に説明。

朴鐘顕の逮捕の決め手は何だったのか

喧嘩をした後に自殺をしたと供述した朴鐘顕容疑者だったが、
警察は朴鐘顕容疑者に疑いの目を向けていた。

それは朴鐘顕容疑者の供述に二転三転した箇所が見られたことや
妻の佳菜子さんの体から首を絞められた際に出る尿反応が検出されたこと、

また、佳菜子さんの自殺の動機が喧嘩というのも不可解であったため、
朴鐘顕容疑者の犯行によるものとして警察が水面下で捜査を続けていたという。

朴鐘顕は講談社の編集次長で進撃の巨人も担当していた

朴鐘顕容疑者は京都大学法学部卒業後、講談社に入社しており、
大人気漫画「進撃の巨人」を立ち上げたメンバーの一人として活躍していた。

現在は青年コミック誌「モーニング」の編集次長を務めており、
講談社の中でも仕事の評判は非常に高かったという。

また、子供が4人もいて、順風満帆に見えた生活だったが、
今回事件を起こしただけでなく、罪を逃れようとしてしまった形だ。

朴鐘顕の逮捕を文春がスクープしていた

明日11日発売の週刊文春では朴鐘顕容疑者の逮捕のスクープの内容が掲載されるという。

そのタイトルは『「進撃の巨人」産みの親 別冊少年マガジン元編集長の妻が怪死』というもので
最初の情報では元編集長はA氏と名前は伏せられていたものの、
年齢は41歳という情報も公開されていたため、ネット上で朴鐘顕だと特定されていた。

週刊文春は年初め最初のスクープが朴鐘顕容疑者の逮捕ということで、
今年も去年の勢いが継続しているのが伝わってくるため、
その取材の体制には感心してしまう。

スポンサードリンク





朴鐘顕の逮捕にツイッターでは「また韓国人の逮捕か」との声も

朴鐘顕容疑者逮捕に関するツイッターの声が以下の通り。


このように朴鐘顕容疑者は韓国人であるため、
「また韓国人の犯行か」という意見が目立っている。

しかし、今回は通名ではなく実名報道されているだけマシだと感じるが、
朴鐘顕容疑者は何が理由で佳菜子さんと喧嘩になり、殺人まで犯してしまったのだろうか。
子供も4人いて順風満帆だった生活に見えるだけに、彼をそこまで駆り立てた理由というのが気になるところである。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る