黒崎愛海(筑波大学)のFacebookやツイッターに犯人が?フランスが国籍ではない可能性が濃厚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

フランス・ブザンソンに筑波大学から留学している黒崎愛海(くろさき なるみ)さんが
4日から行方不明になっている事件で、
徐々に事件当時の様子や犯人像について明らかとなってきた。

その中で犯人と思われる男と知り合ったのは
黒崎愛海さんがまだブザンソンに来る前にSNSを通じて知り合ったと思われると報道されている。

黒崎愛海さんは
Facebook、ツイッター、InstagramのSNSを使用しており、
犯人の国籍についてはフランス人ではないと報道されているため、
このSNSで繋がっている人物の中に犯人が存在するのだろうか?

スポンサードリンク





黒崎愛海のFacebookとツイッターとInstagramのアカウント

黒崎愛海さんはFacebook、ツイッター、Instagramの
3つのSNSのアカウントを持っていることが判明している。

・Facebookのアカウント

・ツイッターのアカウント

・Instagramのアカウント
非公開設定。

黒崎愛海さんは9月からフランス・ブザンソンに留学しており、
Facebookにはフランス留学後の画像が他に2つアップされていた。
また、ツイッターの更新は上記の画像の通り、2015年5月3日で止まっており、
Instagramに関しては非公開設定のため、どれくらい更新していたのかは不明だ。

黒崎愛海のFacebookの友人に犯人がいる可能性が?

黒崎愛海さんの犯人の情報について、国籍はフランスではないという報道がされているものの、
具体的な国籍がどこなのかについてまでは報道されていない。

しかし、今回新たにSNSを通じて知り合ったという情報が判明したのだが、
個人的にそのSNSは更新時期などからFacebookなのではないかと考えている。

そこで、黒崎愛海さんのFacebookの友人を調べてみたが、
友人の数が多く、そこから犯人を特定するのは困難だと感じたが、
留学しているということもあり、外国の友人も数多くいることがわかったため、
ひょっとすると、この中に犯人がいるのかもしれない。

黒崎愛海の犯人像

年齢は20〜23歳で
国籍はフランスと日本以外。

黒崎愛海さんとはフランスに来る前にSNSで知り合い、
行方不明の4日はブザンソン郊外のレストランで二人で食事をし、
一緒に寮に戻ったものの、その後、叫び声が聞こえたと複数の人が証言している。

寮の防犯カメラには犯人と思われる男一人が出て行く様子が映っていた。
ただ、この男が何か持ち物などを持っていたのかどうかは不明なので、
たとえ、一人で出て行ったとしても黒崎愛海さんを何かに入れて出て行った可能性も考えられる。

犯人と思われる男は非常に賢く、黒崎愛海さんが行方不明になった後は
川や森の中など普段人があまり立ち寄らない場所に行っていたという。
そして、6日か7日にフランスを出国しており、
現在ヨーロッパを離れていると思われ、捜査が難航しているという。

フランス警察は犯人の顔写真などの情報を特定しているとされているが、
日本にはまだその情報が流れてきていない。

また、このSNSで知り合った犯人と思われる男とはLINEで英語で会話していたということも判明している。

犯人はSNSで知り合ったという情報に「無防備だったのでは」との声も

SNSで知り合った人と直接会うのは日本でも危険性の高い行為である。
犯人の国籍は未だ不明だが、それをフランスで行ったという報道に対し、
「彼女も無防備だったのではないか」という声が挙がっている。

また、黒崎愛海さんがどうだったのかは不明だが、
フランスに留学していた男性の意見では、
「フランスに留学していた周りの女性たちはよくクラブに行っており、
フランス人の彼氏を作りたかった」話していたという。

もちろん留学している人が全てそういう考えを持っていると言っているわけではなく、
そのような考えを持っている人が実際におり、
海外に行くと日本にはない開放感で浮かれてしまうことがあるようだ。

私自身もこの犯人と思われる男に対して隙を見せ過ぎていたと感じる部分があり、
特に食事の後、男を自分の寮の部屋に招いている点も無防備だったと感じる。

さらに周りの人は叫び声が聞こえたのにもかかわらず、
なぜ警察に通報しなかったのか疑問を感じていたが、
何か行為をしていたと捉えられて、警察に通報しなかったと考えられるのではないだろうか。

スポンサードリンク





筑波大学も留学の見直しの徹底を

黒崎愛海さんが通っている筑波大学は留学をしても4年間で卒業できたり、
海外の大学と提携を結んでいるなど、留学が盛んな大学の一つである。

しかし、今回の事件は留学前から犯人と思われる男とSNSで連絡を取っていたという点から
筑波大学側も留学に関して身の危険があるということを再度しっかりと伝えるべきだろう。

黒崎愛海さんは行方不明からすでに20日が経過しており、
最悪の状況の可能性が高いが、まだ遺体は見つかっていないため、
何とか良い方向に動いてくれればと願っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る