ふたご座流星群2016 方角や時間のピークは?12月13日の天気が心配…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今年も残すところ3週間を切り、
年末に向けていろいろと忙しい時期に突入している方も多いかもしれない。

そんな中、本日12月13日(火)から14日(水)未明にかけて
ふたご座流星群2016が観測ピークを迎えるのをご存知だろうか?

ふたご座流星群は流れ星の流れる数が最も多く、
観測しやすい流星群の一つでもあるため、
より確実にふたご座流星群2016を観測するために
方角や時間のピークはいつなのかについてご紹介していきたい。

スポンサードリンク





ふたご座流星群とは?

ふたご座流星群は1月の「しぶんぎ座流星群」、
8月の「ペルセウス座流星群」と並ぶ三大流星群の一つとして知られており、
流れ星の数が多く観測できることで有名な流星群となっている。

ピーク時には1時間に40個以上もの流星群を観測できることから、
観測しやすいことで有名な流星群の一つである。

ちなみにこのような形で観測することができる。

ふたご座流星群2016のピークは12月13日から12月14日未明!

では、ふたご座流星群2016のピークとなる日付はいつなのかというと、
冒頭でもご紹介した通り、

12月13日(火)から14日(水)の未明にかけて

となっている。

ふたご座流星群2016の方角やオススメの観測場所

次に、ふたご座流星群2016を観測するためにどの方角を見れば良いのかについてだが、

見上げる方角に関してはどの方角を見てもOKとなっている。

つまり、様々な方角からふたご座流星群は流れるため、
夜空一面を見渡せる場所で観測することが大きなポイントとなる。

そのため、オススメの観測場所としては
広場や河川敷、高台など周りの開けた場所で観測するのがベストなのと、
満月の光の近くでは流星群が観測しづらいため、
満月とは反対の方向を見て、光を遮る形で見た方が観測しやすい。

ふたご座流星群2016の時間のピーク

ふたご座流星群2016は夜であれば基本的に観測できるのだが、
その時間の中でも特にこの時間がピークを迎える時間帯があり、
それは

12月13日(火)22時以降から14日(水)未明にかけて

となっており、さらにこの時間帯の中にもピークがあり、

12月14日(水)0時過ぎ

が最も観測しやすい時間となっている。
なので、もしこのピークの時間帯に観測できるという方は
ぜひ、観測してみてほしい。

ふたご座流星群2016は天気などの条件が悪い

ふたご座流星群に限らず、流星群は天気が重要な要素となるが、
12月13日(火)の天気予報を確認してみると

なんと、日本全国晴れのところがどこにもない天気予報となっている。

さらにこれに加え、天気が晴れたとしても
2016年のこの時期は満月と被っているため、
夜空を照らしてしまうことによって観測しづらくなっているなど
とにかく条件が悪いのだ。

ふたご座流星群2016をどうしても見たいという方へ

2016年は特に天気が悪いため、観測が非常に厳しいものとなっているため、
生で見るのは難しいものの、

このようにライブ配信が12月13日(火)21時から行われる予定となっており、
国内6拠点だけでなく、台湾からの中継もあるとのことなので、
ライブ配信で観測するのも一つの手段である。

スポンサードリンク





ふたご座流星群2016は13日以降も観測可能!

ふたご座流星群2016のピークが
12月13日(火)から14日(水)未明にかけてと紹介したが、
それ以降も観測すること自体は可能である。

ただ、ピークは過ぎてしまっているため、
たくさん観測できるというわけではないが、
それでも通常よりは多く流星群が観測できるとのことだ。

ちなみに14日の天気を調べてみると、

13日よりは天気が良さそうなので、観測にチャレンジしてみるのも良いかもしれない。

また、この時期の夜というのは大変冷え込むため、
しっかりとした防寒対策をして、体調を崩さないようにだけ注意をして観測にチャンレンジしてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る