ASKAのタクシーの会社はどこ?会社名を特定は無しもチェッカーキャブの加盟会社だと特定される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

11月28日に覚せい剤使用の疑いで再逮捕されたASKAさんだが、
執行猶予中の再逮捕ということで注目が集まっている一方、
逮捕直前にASKAさんを乗せたタクシー会社にも注目が集まっている。

というのも、このタクシー会社は
ASKAさんを乗せた際のドライブレコーダーをテレビ局に渡しており、
ASKAさんが再逮捕されたとはいえ、
プライバシーの侵害なのではないかという声が多く挙がっているためである。

ネットでは会社名を特定する動きも見えているが、
このタクシー会社の会社名は特定されるのだろうか。

スポンサードリンク





ASKAを乗せたタクシー会社の会社名の特定は?

さて、ASKAさんを乗せたタクシー会社の会社名の特定はされているのだろうか。
ネットでは会社名を特定する動きがあるものの、〇〇会社と正式な会社名が特定するに至っていない。

しかし、ASKAさんのドライブレコーダーの映像を流したタクシー会社が所属する
グループ会社の会社名はすでに特定されており、
「株式会社チェッカーキャブ」というグループ会社に所属していることが判明している。

この株式会社チェッカーキャブは11月30日に公式サイトで声明を発表しているが、
現在サイトに繋がらないため、内容については追記していきたい。

ASKAのタクシー会社の対応は「普通では考えられない」

また、タクシーの同業者によると、
今回のASKAさんのようにタクシー会社がドライブレコーダーの映像を提供することは
事件によって警察の捜査がある場合は提供することがあるものの、
それ以外の場合での提供は通常考えられないとのこと。

また、関東地方のタクシー会社を監督する国土交通省・関東運輸局には
多くの苦情が入ってきているとのことで、国土交通省・関東運輸局でも
ASKAさんを乗せたタクシー会社はどこなのか会社名は特定できてない状況とのことだ。

タクシー会社だけでなく、テレビ局にも非難の声

さらに、タクシー会社だけでなく、
このドライブレコーダーの映像を流していたテレビ局にも非難の声が挙がっている。

29日にこのドライブレコーダーの映像を流した番組は

「とくダネ!」や「グッデイ」「ミヤネ屋」

などとなっており、ほぼ一日中テレビで流レテいたことになる。

もちろん、このドライブレコーダーを提供したタクシー会社もタクシー会社だが、
その映像を入手して流すテレビ局もテレビ局である。

ASKAさんが仮に覚せい剤を使用していたり、著名人だからといっても
この映像を流すことはプライバシーに関わるのは明らかであり、
映像を流すことに問題があるとは誰一人感じなかったのだろうか。

ASKAの「盗聴されている」は本当との声も

再逮捕され、ドライブレコーダーの映像も流されたことで、
プライバシーなど一切関係ないASKAさんだが、
このASKAさんが逮捕されたのは
自ら警察に「盗聴されている」と通報したのがきっかけだとされている。

現在、テレビでは盗聴はされておらず、薬による幻覚だったという話になっているが、
このようにプライバシーの侵害を平気で受けているASKAさんの様子を見た人たちからは
「本当に盗聴されていたのではないか」と
ASKAさんの発言が真実だったのではないかとする声も挙がっている。

スポンサードリンク





このニュースに対するネットの声

ドライブレコーダーは事件や犯罪の証拠に使うものであり、
いくら著名人だからといってまだ証拠品も出ていない容疑者の素行を出すものではない。
あながち、盗撮も嘘ではないかも。

昨日の夕方のニュース観てて、これは俺も思った。
車内で犯罪をしたなら解るが、ただ移動してるだけなのに良いのかな?って。

確かにASKAさんは犯罪を犯したし
今回も可能性は高いと思う
しかし犯罪者のことなら
周りが何を勝手にしてもいいわけじゃない

タクシーは防犯のためにカメラを設置してるのだろうけど
タクシー会社が被害にあったわけじゃないし
ASKAさんはただのお客さん
お客の画像を売るなんて
もうタクシーには乗れないな

これってプライベート映像流してるじゃんってニュース見て思ったけど、
やっぱり問題になってるね。
タクシー会社の信用問題になると思うけど。。。

このようにタクシー会社とテレビ局に非難が集中している状況だ。
タクシー会社の会社名の特定は現時点では至っていないが、
特定されるのは時間の問題のように思える。

もし特定された場合、この会社はタクシー業務ができないほど信用を失うだろう。
国土交通省・関東運輸局が特定できてないとなると、大きい会社ではない気がするが、
この行為が許されてしまっては、タクシーを安心して利用できないと思うので、
特定されて、制裁を受けることを願っている。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る