アンナチャップマン ハニートラップと現在!スパイの実績が凄すぎる…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アンナチャップマンという女性をご存知だろうか。
彼女はロシアのスパイなのだが、仕事の内容とは裏腹に美貌の持ち主で、
「美しすぎるスパイ」として日本でも注目を集めた人物である。

そんな彼女の武器は美貌を利用したハニートラップで、
数々の実績やテクニックを持っているという。

画像や名前も明らかになっているということでスパイの活動をしていないが、
現在はどのような活動をしているのかについてもご紹介していきたい。

スポンサードリンク





アンナチャップマンの画像とプロフィール

【アンナチャップマンの画像】
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-30-16-48-34
1982年2月23日生まれの現在34歳。
出身はソビエト連邦・ヴォルゴグラード。

父親のワシーリー・クシチェンコは
元ソ連国家保安委員会(KGB)の幹部職員で、
現在はロシア政府外交官を務めている。

2003年にロシア諸民族友好大学を卒業後、
イギリスの航空会社「ネットジェッツ・ヨーロッパ」や、
投資銀行の「バークレイズ」などの仕事に就いているが、
この時期からすでにスパイ活動を行なっていた可能性も一部でささやかれている。

そして、2010年2月にアメリカに核弾頭開発計画の情報を収集するスパイとしてアメリカへ入国し、
会社を経営する敏腕女性社長を演じながら、スパイ活動を行なっていた。

しかし、2010年6月27日にFBIのおとり捜査員によって他の9人とともに一斉検挙となったものの、
画像のように美しい美貌の持ち主だったため、一躍脚光を浴びる形となった。

アンナチャップマンのハニートラップの方法

アンナチャップマンのスパイの方法は
美貌を利用したハニートラップによるものだった。

また、彼女は美貌だけでなく、
B=90 W=60 H=90とモデルにも引けを取らないスタイルの持ち主だったのも大きい。

さらに、彼女はIQが162もあるとされており、(東大生で120前後)
頭も非常に良かったのだ。

そんな彼女は主に2つのタイプの女性を使い分けるカメレオントラップという方法で、
男性をハニートラップにかけていった。
それは高圧的な態度で接する女性お姫様のようにしたたかな女性の2つを演じ分けたのだ。

まずは高圧的な態度で接し、
相手が弱い女性が好みだと感じたら上目遣いのお姫様のような女性を演じる…
この方法で大抵の男性はハニートラップにかかっていったと語っている。

アンナチャップマンのスパイの実績

アンナチャップマンのスパイとしての実績として有名なのは
プロフィールでもご紹介したアメリカの核弾頭開発計画の情報を収集したことだろう。

アメリカとロシアといえば、2大大国で同じ核保有国だが、
ロシアとしてはアメリカがどれくらい核を保有しているのかを把握することによって、
交渉の出方を伺いたいという狙いがあったものと思われる。

そんな中、その重大な任務を任された一人がアンナチャップマンだったのだ。

彼女がアメリカに渡ってから逮捕されるまでの4ヶ月間でロシア側に
アメリカの核弾頭開発計画の情報がどれくらい渡ったのかは不明だが、
アメリカは「大した情報は流れていない」としている。

しかし、重要な情報が流れていたとしてもアメリカとしてはこのように発言するしかないため、
実際にどれくらいの情報がスパイによって流れたのかは不明である。

アンナチャップマンの現在

スパイ活動が発覚したアンナチャップマンだが、処分は国外追放のみとなっており、
これはロシア側の力が強く働いたものとされている。

そして、名前や画像も明らかになったことでスパイとしての活動もできなくなり、
現在は何をしているのだろうか。

2011年1月には自身が司会を務めるテレビ番組がスタートし、
2013年にはロシア中央銀行の代表取締役に就任し、
実業家としても活動しており、現在に至っている。

しかし、こうした経歴の持ち主だけに
現在でも何かのスパイをしているのではないかと一部で噂になっているという。

スポンサードリンク





スパイ活動は現在当たり前?

アメリカのCIAやイギリスのMI6など世界各国にはスパイ活動(諜報機関)が存在し、
日本にも世界各国のスパイによる諜報活動を行われているのが現実で、

例えば、元CIAのスノーデン氏は
「アメリカの諜報機関は、常に、
日本の政府関係者や国民の情報を収集している」
と語っているほどである。

また、日本では公式にスパイ活動をしている機関が前面に出されていないものの、
世界各国で諜報活動をしているスパイがいるとみて間違いないだろう。

自分の国がどう立ち回らなければならないのかを判断するためにも、
スパイ活動というものは現在では必須なので、
アンナチャップマンは逮捕されたものの国外追放の処分だけで済んだのは、
このような背景が要因の一つとしてあるためと考えられる。

しかし、スパイがどういう人物なのか、
彼女ほど正体が明らかになっているスパイは少ないが、

彼女のように一見スパイとは思えないような人が
裏で国家に関わる重要な任務を遂行しているかもしれない。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る