南海トラフ地震 11月23日はデマ?松原照子の予言が嘘の可能性について調べて見た

  • 2016-11-10
  • 南海トラフ地震 11月23日はデマ?松原照子の予言が嘘の可能性について調べて見た はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

発生すれば、日本存続の危機になるほどの
大災害を引き起こすことが予測されている南海トラフ地震。

実はこの南海トラフ地震が
2016年11月23日に起きる確率が高いと予言している人物がいるという。
その人物とは予言者の松原照子さんである。

果たして彼女の予言が本当なのか嘘なのか、
実際に南海トラフ地震が11月23日に起きる可能性はあるのかについてまとめてみた。

スポンサードリンク





南海トラフ地震が11月23日に起きると予言した松原照子とは?

そもそも、予言者の松原照子さんとはどのような方なのだろうか。
まず、松原照子さんの画像がこちら。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-16-31-40
画像を見ると、とても優しそうな方だという印象を受けるが、
そんな彼女が予言者として大きく注目されるきっかけとなったのが、
東日本大震災である。

松原照子さんはなんと東日本大震災の発生を事前に予言していたというのだ。
その予言は彼女が運営しているブログ「幸福への近道」に記載されていた。
内容は以下の通りである。

やはり太平洋側は動く気配がムンムンしています。
『陸前高田』と云う地名が声にならない会話を 自分にしています。
どこにあるのだろうと 探してみると 見付かった。
指で感じ取ろうとしたが 期待ほど感じなかったが 釜石辺りが赤く見えた。
東和と書かれている場所辺りが気になった。 今度揺れると広範囲に思える。

岩手・秋田・山形・宮城・福島・茨城 これだけ書けば当たるだろうと思える県名だが
書かずにはおれない思いになります。目の前に5の数字が先程から見えて仕方がない。
千葉も 神奈川も近く揺れると思われるし
東京・埼玉も『なんだこれ』私がおかしいのか群馬も 栃木も 長野も
いつ揺れてもおかしくない事を地図は語ってくれているだけに
私自身 今日は地図を見る力が薄れているのかと心配になってしまうくらいだ。
もしかすると近日中に何回か揺れを感じるか かなり広範囲なのかもしれないと思った。

もっと他も見ないといけないのだろうが
これ程の県名を書いた後だけに見る気がなくなったが
心の中で『揺れる・揺れる』と言っている自分がいた。
又 改めて見てみますが 気を付けて下さい。
大きな揺れを感じる私が ここにいます。

この投稿は東日本大震災が発生する前の2月16日にされていた。

上記の投稿を見ると、実際に被害に遭った「陸前高田」「釜石」などの地名が挙げられており、
予言が的中したと捉えても不思議ではないだろう。

しかし、この予言には大きなカラクリが存在したのである。

松原照子は予言だらけだった?

そのカラクリとは、ある方が松原照子さんの予言について興味を持ち、
2005年~2011年2月15日までに彼女が残した地震の予言が挙げられていた地名を調べて見ると、
なんと、47都道府県全ての地震の予言がされていたのだ。

そして、地震を予言した回数は120回以上にも及ぶとのこと。
これだけ予言をしていればたまたま当たる可能性も十分にあり、
予言が的中したのは嘘ではないが、信ぴょう性に欠けることは間違いない。

南海トラフ地震が11月23日に起きると松原照子の予言は嘘か本当か

そんな松原照子さんが11月23日に南海トラフ地震が起きると予言したことで、
東日本大震災の予言を当てたと思い込んでいる人は
本当に地震が来ると思っているのかもしれないが、結論から言うと、
その可能性は低く、デマと捉えて問題ないだろう。

まず、南海トラフ地震のような大きな地震が
いつ、どこで発生するのかを前々から予知するのは現時点では不可能な話だ。

彼女は神様や守護霊などの不思議な世界の方々から未来の話を聞けると公言しているようだが、
上記でも説明した通り、彼女は数多くの予言をして、予言が当たる確率を上げているように思える。

また、彼女は南海トラフ地震が11月23日に来ると予言しているのではなく、
正確には2016年11月23日に日本が分裂すると予言している。
そして、2016年11月23日は魔の水曜日としての条件が揃っており、
4年以上も前から危険な日としてスピリチュアルの世界では警戒されている日付だそうだ。

つまり、松原照子さんは2016年11月23日に南海トラフ地震が起きるとは一言も言っておらず、
この予言を聞いた人たちが南海トラフ地震のことだと勝手に解釈して、話が広まったのである。

ただ、日本が分裂するというのは地震のことだと捉えるのは自然だと思うが、
具体的にどういうことが起きるのかまで予言しないのは何故なのだろうか。

2016年11月23日に日本が分裂するのは南海トラフ地震のことなのか、
それとも別の何か大きな災害なのか、
その予言がデマなのかどうかは当日はっきりすることだろう。

スポンサードリンク





南海トラフ地震の発生がデマだと考えていても対策は必要

個人的には2016年11月23日に南海トラフ地震、
あるいは日本が分裂する何かが起きる可能性は低く、デマだと思っているのだが、

実は2016年5月17日も2chに現れた未来人からの書き込みによって
南海トラフ地震が発生する予言がされていたが、結局その日は発生しておらず、
今回の11月23日のように具体的な日付が出ている予言で当たったのは個人的に見たことがない。
もしもの時に備えておくのは悪いことではない。

南海トラフで最後に発生した大地震は1946年の昭和南海地震で、
だいたい100〜200年に一度の周期で大地震が起きているため、
今後、30年以内に70%と高い確率で発生することが予想されている。

そのため、災害用品の準備や家具の固定などをして
しっかりと対策をしているかどうかが生死を分ける可能性もあるため、
この機会にまだの方は見直しておくことをおすすめする。

南海トラフ地震 11月23日説の前兆?デマで根拠の無い嘘は本当に起きるのか


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る