ドナルドトランプ大統領 日本の影響やメリットは?戦争に参加との声も

  • 2016-11-9
  • ドナルドトランプ大統領 日本の影響やメリットは?戦争に参加との声も はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本時間の11月9日、アメリカの大統領選挙の投票が行われており、
ドナルドトランプ氏の当確がほぼ確実となっている。

日本メディアや海外メディアもこのような結果になることは想定しておらず、
ドナルドトランプ大統領が誕生することに否定的な見方が多い。

そこで、ドナルドトランプ大統領の誕生によって
日本にどのような影響をもたらすのか、メリットはあるのか、
戦争に巻き込まれてしまうのかなどについてまとめてみた。

スポンサードリンク





ドナルドトランプ大統領の誕生による日本への影響は?

■日米安全保障に関する影響
まず、ドナルドトランプ氏は日米関係について過去に以下のような発言をしている。

「我々が攻撃されても日本は防衛する必要がない。
米国は巨額資金を日本の防衛に費やす余裕はない」

ドナルドトランプ氏は若い頃から日本に対する不満を発言しており、
上記の他にも

誰かが日本を攻撃したら、我々はすぐに駆けつけ、
第三次世界大戦を始めなければいけないんだろう?
我々が攻撃されても日本は助けない。フェアじゃないだろ?これでいいのか?

などと発言しており、米軍の駐留経費を日本が全額負担しなければ
撤退させるべきだと主張していた。

しかし、日本にとって米軍を撤退させることは
中国に尖閣諸島に対する行動をさらに活発化させてしまう可能性や
北朝鮮もミサイル発射などの行動を活発させる可能性もあるため、
米軍を撤退させることはできない。

そのため、ドナルドトランプ氏が上記の発言を本当に実行するのだとしたら、
米軍の駐留経費が膨らみ、日本国民が負担する額が増える影響が出ることになる。

■日本の核保有に対する影響
ドナルドトランプ氏は日本の核武装化を容認する立場を示しており、
これによって日本国内で抑止力として持つべきなのかどうかという議論が
活発化する影響も出ると思われる。

しかし、現時点では日本が核保有をすることで中国からの攻撃を受ける可能性や
年間約3,000億円かかると言われるコスト問題などが挙がっているため、
日本の核保有は現実的ではないと思われる。

■TPPへの影響
ドナルドトランプ氏は

「もし日本がネブラスカ州の牛肉に38%の関税をかけるのであれば、
我々も日本車に同率の関税を請求するつもりだ。」

と発言し、日本から何百万台も自動車が流れ込んでいるが、
ほとんど関税がかかっていない」などと日本に対して不満を漏らしている。

ちなみに現在日本の車にかけられている関税は2.5%なのだが、
これが引き上げられることとなると、日本企業への影響も十分に考えられるだろう。

また、ドナルドトランプ氏はTPPに関して反対の立場をとっているため、
大統領となった場合、どのような条件になるのか大きく変化する可能性が十分に考えられる。

■日米関係が現在よりも悪化する?
安倍首相はヒラリークリントン氏と実際に会って対談をしているのだが、
ドナルドトランプ氏とは一度も会って対談をしておらず、
ドナルドトランプ氏が大統領になった場合、この状況をどう捉えるのかによっては
日米関係に大きく繋がるとされている。

しかし、安倍首相は自らヒラリークリントン氏に対談を申し込んできたのではなく、
向こうから対談の申請があったとのことなので、
その点を踏まえるとそこまで心配する内容でもないのかもしれない。

ただ、日本はヒラリークリントン氏側の陣営と接点はあるものの、
ドナルドトランプ氏側の陣営とはあまり接点を持っていないのが現状とのことで、
ドナルドトランプ氏が大統領になった場合、距離を縮めていく必要が出てくるだろう。

ドナルドトランプ大統領誕生の日本へのメリットは?

ドナルドトランプ氏が大統領になった場合の影響を見ると悪いものばかりだが、
逆に日本にとってのメリットは存在するのだろうか。

一番大きなメリットは中国に対する姿勢が強いことが挙げられる。
ドナルドトランプ氏は中国に対し、

「私ならば夕食会は開かず、ハンバーガーを出す」

と、中国の国賓に対する扱い方についてこのような説明をしている。

現在のオバマ大統領は中国に対し、低姿勢な印象だが、
ドナルドトランプ氏は中国に対しても容赦しない考えを発言しており、
この姿勢が現在中国が領土と主張している尖閣諸島問題に関しても大きな影響が出るものと思われる。

というのも、中国の行動に手を焼いているのは
アメリカが強硬姿勢をしないことも要因の一つとして挙げられるため、

強硬姿勢をとるドナルドトランプ氏の方が現在よりも
問題解決に前進する可能性が高いメリットがあるというわけだ。

スポンサードリンク





ドナルドトランプ大統領誕生で日本は戦争に参加する可能性はあるのか?

安倍首相は安保法案の審議で

「アメリカの戦争に巻き込まれることは絶対にあり得ない」

と言い切っていたものの、ドナルドトランプ氏は上記でも紹介した通り、

「日本が攻撃された時は我々が駆けつけ、
我々が攻撃された時は日本は助けないのはフェアじゃない」

と主張していることで、大統領となった場合、
日本がアメリカの戦争に巻き込まれる可能性がゼロではないことを指している。

しかし、ドナルドトランプ氏が大統領になった場合、
このような発言の数々を実際に実行するのかは不明であり、
一部では票を取るためにわざと大々的なことを発言しているともされている。

仮にこの発言も票のためだとしたら日本がアメリカの戦争に巻き込まれる可能性は低くなるが、
ドナルドトランプ氏が大統領になった場合、どのような行動をするのか見ものである。

トランプの娘と息子のバロンのかわいい画像や家族構成が凄かった


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る