博多駅前 道路陥没の原因と施工業者は大成建設などで過去に事故が近くで起きていたことも判明

  • 2016-11-8
  • 博多駅前 道路陥没の原因と施工業者は大成建設などで過去に事故が近くで起きていたことも判明 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

11月8日午前5時15分ごろ、JR博多駅前の道路が陥没する事故が発生した。
18時時点で負傷者は高齢者が1名だけとなっており、
発生した時間帯などから不幸中の幸いだった。

しかし、この大規模な道路陥没事故はなぜ、起きてしまったのだろうか。
その原因と工事を請け負っていた施工業者はどこなのか。
また、調べてみると過去にも近くで事故が起きていたようなので、
その点についてもご紹介していきたい。

スポンサードリンク





博多駅前の道路陥没の原因は地下鉄の工事だった

なぜ、博多駅前でこのような大規模な道路陥没事故が起きたのか。
原因は地下鉄七隈線の延伸工事による事故だと早急に判明した。

この延伸工事は地下に大きな空間(トンネル)を作り、
その内側をコンクリートで固めて作業する「ナトム工法」を採用していたのだが、
この日、作業員がトンネル内に通常は出ることがない水が漏れていることに気づき、
その水がトンネル内のバランスを崩し、道路崩壊の原因になったとされている。

博多駅の道路陥没の原因となった施工業者一覧

今回の道路陥没事故を引き起こした施工業者はどこなのか、
すでに情報が判明しており、その一覧は以下の通り。

・三軌建設
・大成建設
・佐藤工業
・森本組
・西光建設JV

さらに、この道路陥没事故の現場の名称は
「福岡市地下鉄七隈線博多駅(仮称)工区建設工事」で
現場を指揮していたのは大成建設の田中芳光作業所長とされている。

博多駅前の事故は道路陥没の前にも起きていた

上記で紹介した施工業者が請け負っていた道路陥没事故の現場の工事期間は
2013年12月5日から2019年3月15日までとなっているのだが、

今からおよそ2年前の14年10月27日にも博多警察署入口交差点付近
道路陥没事故が発生していたのだ。(今回の道路陥没現場から350mほど)
陥没箇所のサイズは幅約4m、長さ約5m、深さ約4mで
この時の施工業者は上記の施工業者ではない。

また、2000年6月20日にも今回の道路陥没現場近くの
福岡市中央区薬院3丁目でも道路陥没事故が発生している。
幅約5m、長さ約10m、深さ4mだった。

ちなみに今回の道路陥没事故は
8時40分現在で幅約27m、長さ約30m、深さ約15m
大規模な道路陥没だったことが改めてよくわかる。

どちらも怪我人が出なかったものの、
過去に何度も道路陥没が起きているということを考えると
工事をするのに細心の注意を払わなければならない場所だったことがうかがえる。

スポンサードリンク





博多駅前の道路陥没事故で怪我人がほとんど出なかった原因は?

これほどの大規模な道路陥没事故だったにもかかわらず、
怪我人がほとんど出なかったのはなぜなのだろうか。

まず、発生時間が午前5時15分ごろと早朝だったことが挙げられる。
しかし、それでも人通りが多い現場で、コンビニもあることから
人が巻き込まれていてもおかしくないのだが、
誰一人として巻き込まれなかった原因は作業員の迅速な対応にあったという。

水が出ていることに作業員が気づいたと上記で説明したが、
その後、道路周辺はすぐに封鎖されていたのだ。

こうした迅速な対応もあって被害を最小限に食い止めることができたのだ。
おそらく、このような事故を引き起こした施工業者などが叩かれるのだろうが、
こうした迅速な対応をしたのは素直に賞賛すべきだろう。

また、今回の道路陥没事故に関して福岡市の捜査を
施工業者である大成建設が協力するということも決定したというニュースも流れた。

事故を起こしたので、協力をするのは当たり前だと思うが、
このような事故は博多だけでなく、どこで起きてもおかしくないため、
しっかりと全容解明をして、再発防止に繋げてほしい。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る