小渕健太郎は鬼頭里枝が不倫相手?新潮が報じ結婚した嫁やコブクロは今後どうなる?

  • 2016-10-20
  • 小渕健太郎は鬼頭里枝が不倫相手?新潮が報じ結婚した嫁やコブクロは今後どうなる? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
bed-linen-1149842_640

コブクロの小渕健太郎さんが過去に複数の女性と不倫していたと週刊新潮が報じた。
1人目は30代前半の女性タレントで2人目は大阪・北新地の38歳のホステス嬢とのことだが、
ここで気になるのは前者の30代前半の女性タレントは誰なのかである。

この報道がされてからネットでは特定が進んでおり、現在有力なのは
フリーアナウンサーの鬼頭里枝(きとう りえ)さんなのではないかとされている。

鬼頭里枝さんも小渕健太郎さんと同じく現在結婚しているため、
この情報が事実だとしたら、不倫相手だったということで何かしらの影響は出ると思われるが、

そもそも、小渕健太郎さんの不倫相手が鬼頭里枝さんだとされるのはなぜなのだろうか。

スポンサードリンク





鬼頭里枝とはどんな人?

まず最初に小渕健太郎さんの不倫相手として有力視されている
鬼頭里枝さんとはどのような人なのかご紹介したい。

鬼頭里枝さんの画像
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-1-17-42
1981年12月4日生まれの現在34歳。

成城大学を卒業後、
鹿児島読売テレビアナウンサー(2005〜2007年)
静岡放送アナウンサー(2007〜2010年)
フリーアナウンサー(2010年〜)
という経歴を持っている。

そして、2015年に結婚されているため、
小渕健太郎さんと出会った2004年当時はまだ結婚していなかったこととなる。

小渕健太郎の30代前半の女性タレントが鬼頭里枝だとされる理由

今回、小渕健太郎さんの不倫を報じた週刊新潮から読み取れる不倫相手の情報は

・30代前半
・タレント

の2つのみで30代前半という点で見ると、鬼頭里枝さんの年齢は34歳なので当てはまることになるものの、
タレントと言われるとフリーアナウンサーなので、タレントという解釈もしなくもないが、
こういったスクープ系の場合はよりイメージに近いアナウンサーと表記するのが普通なのではないかと個人的には思う。
なので、これだけで推測するのは非常に困難なのである。

しかし、これだけの情報でなぜ、鬼頭里枝さんの名前が挙がったのかというと、
2chに以下の書き込みがされていたためである。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-1-22-05
この2chのスレッドは鬼頭里枝さんに関するスレッドで、
2009年12月の「不倫中らしい」という投稿から1ヶ月ほど経過した2010年1月に
「答えはコブクロ小渕」という書き込みが今から6年ほど前にされていたのだ。

なので、小渕健太郎さんの不倫相手が鬼頭里枝さんである可能性があるものの、
これ以外の情報は見つかっておらず、現段階では特定には至っていないため、
あくまでも噂レベルというのが現状だ。

小渕健太郎は多くの女性と不倫していた?

小渕健太郎さんの客観的なイメージは紳士的で不倫をするようには思えない印象を受けるが、
実は小渕健太郎さんの不倫について多くの情報が流れているようだ。

例えば

・ツアーの最中に女性とハグしたり、持ち上げたりしていた
・バーに通い、次々と女性に声をかけていた
・女性3人を連れて夜の街へと消えていった

ちなみに週刊新潮が報じた2人目ホステス嬢の女性も
ツアー中にお店に訪れていたとのことで、

「その日のライブ音源が流れる部屋に行って、
“うなじが好き、見せてよ”とキスをされベッドイン」
などといった内容のメールが送られてきたという。

上記の情報が全て本当かどうかは定かではないものの、
これだけ情報が流れているとなると、イメージとは裏腹にかなり遊んでいるように思える。

スポンサードリンク





小渕健太郎と鬼頭里枝の双方の離婚の可能性やコブクロの活動は?

まず、鬼頭里枝さんに至ってはこの報道の不倫相手だったとしても、
離婚に至る可能性は低いだろう。

というのも、鬼頭里枝さんは小渕健太郎さんから当時結婚していることを明かされていなかったため
不倫相手になろうという悪気がなかったことがわかる。

一方、小渕健太郎さんは1997年に中学校の同級生と結婚し、
現在男女の双子も抱えている状況だが、今回の不倫報道は最近の話ではなく、
かなりの月日が経過しているため、多少関係に傷が入ったとしても、
離婚にまで発展する可能性は低いと個人的には思う。

しかし、小渕健太郎さんはこの不倫報道に対して、しっかりと説明すべきだろう。
というのも、コブクロでは作詞、作曲も手掛けており、不倫していたというイメージは
今後コブクロの歌手活動においても大きく影響することが考えられるためだ。

また、今年特に多い離婚報道の対応について見てみると、
素直に認めて早急に謝罪した人はほとぼりが冷めるのが早い傾向にあるため、
小渕健太郎さんがどういった対応をするのかに注目したい。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る