慶応大学 広告学研究会の不祥事メンバーが画像流出で特定?文春と新潮が隠蔽された真相を暴露

  • 2016-10-12
  • 慶応大学 広告学研究会の不祥事メンバーが画像流出で特定?文春と新潮が隠蔽された真相を暴露 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
classroom-1699745_640

10月4日、毎年注目を集め、数多くの女子アナを輩出している
慶応大学のミスコン「ミス慶応」が突如中止になったというニュースが流れた。

すでにファイナリストも決定している中で中止になった理由は
ミス慶応コンテストを企画する広告学研究会メンバーが
未成年飲酒をしていたという不祥事が発覚したためというのが世間に流れたニュースだが、
実はその中に隠蔽された真実があることを週刊文春と週刊新潮が報じている。

さらに、現在削除されている広告学研究会のメンバーの画像が流出しており、
不祥事を起こしたメンバーもこの中に写っていると思われるが、
隠蔽された真実の内容とともにご紹介していきたい。

スポンサードリンク





慶応大学のミスコンを運営する広告学研究会のメンバー画像がヤバい

まず初めに、不祥事を起こしたメンバーが写っていると思われる
慶応大学の広告学研究会のメンバー画像がこちら。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-18-06-07
以前掲載していた画像はTehuさんの画像が合成されたコラ画像を掲載してしまいました。
訂正してお詫び申し上げます。
このメンバー画像はネット上で公開されていたが、不祥事が発覚してから削除されたようだ。

このメンバー画像を見た正直な感想は
「本当にあの慶応大学の学生?」という印象を受け、
ネットでも同じような意見が多く挙がっていた。

慶応大学の広告学研究会の活動内容はミスコン以外も

広告学研究会はミスコンの開催だけでなく、
神奈川県葉山の逗子大浜海岸にある海の家で
毎年キャンプストアを運営するという活動も行なっていた。

そして、その近くにはキャンプストア運営のために宿泊する合宿所があるのだが、
今回の不祥事はその合宿所で行われたもので、
未成年飲酒はもちろんいけない事だが、慶應大学は活動停止ではなく、
88年という長い歴史を持つ広告学研究会を解散するという重い処分を下したのだ。

慶応大学の広告学研究会の不祥事には隠蔽された真実が?文春と新潮が報じる

この一連の流れだけを見ると、
慶応大学の下した処分は重いのではないかと感じた方もいるかもしれない。
しかし、この広告学研究会のメンバーの不祥事は隠された真実があったと
週刊文春と週刊新潮が報じている。

広告学研究会メンバーによる未成年飲酒があったのは
慶応大学が発表した9月2日だが、
その日の深夜、キャンプストア近くの合宿所に宿泊していた学生6人が
18歳の女子学生一人を呼び出し、お酒を大量に飲ませた後に乱暴行為をしていたというのだ。

さらに、その様子を撮影している者もいたといい、
現場の異常さが想像できるだろう。

しかし、慶応大学は未成年飲酒があったことを公表したのみで、
乱暴行為があった事実を隠蔽しているという。
なので、広告学研究会に解散という厳しい処分が下されたのはこのような背景があったためだとしている。

また、週刊文春が加害者グループの一人に突撃取材したところ
「謝罪の気持ちは本当に……。時が来たら連絡します」と概ね事実を認めるような発言をしたのだ。
被害にあった女子学生側は警察に被害届を提出していることも週刊文春の取材で明らかになっているため、
この話が公に出ることも時間の問題だと思われる。

ちなみに上記のメンバー画像に加害者が写っている可能性は高いが、
必ず写っているというわけではない。

広告学研究会の加害者メンバーの名前などの情報について

週刊文春によると、女子学生に対して被害を負わせた加害者メンバーは6人で
大学1年生と2年生だという。

また、週刊文春は加害者メンバーに取材をしており、
「写真見ます?マジ芸術作品っすよ」
「これいくらで買います?買うなら今っすよ」
などと言って悪びれた様子は一切感じなかったとのこと。

また、週刊文春によると加害者メンバー6人のうちの2人
19歳理工学部に通っている人物だと特定されていることから
加害者メンバー全員の名前が公表される可能性は低いものの、
すでに誰が犯行に及んだのか、警察が目星をつけているのはほぼ確実だ。

スポンサードリンク





慶応大学の広告学研究会の不祥事は過去にも

広告学研究会の不祥事は今回だけではない。

2009年に広告学研究会のメンバー9人が
東急東横線日吉駅付近の商店街から駅構内にかけて
数十メートルを全裸で走り、その様子を女子学生1人が撮影していたという不祥事を起こし、
関わった男女10人が公然わいせつ容疑で書類送検されている。

日吉駅は慶応大学の目の前にあり、私も利用することが多い駅なのだが、
慶応大学の学生と思われる若者の集団が夜でも大騒ぎしている様子を何度も目撃しているので、
過去の不祥事や今回の不祥事が起きても、あまり驚かなかったというのが正直な感想だ。

今回の不祥事は被害者が出ているため、その方には同情する一方で、
呼び出されたとはいえ、男性6人の中に女性1人で混ざったのはあまりにも無防備すぎたと思う。
さらに、メンバー画像から見ても警戒すべき相手だったと感じざる負えない。

また、慶応大学に通っている学生は大半が真面目な学生だと思うので、
そのような学生からしたら今回の不祥事は大変迷惑な話だろう。
しかし、大学側はたとえ評判が落ちようと、今回の不祥事の真相は全面的に公開すべきであり、
それが今後の信用問題にも繋がってくると思うので、
今後の大学の対応と警察の捜査に期待したい。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る