本田望結の長女 真帆は障害?兄弟の中でスケートせず、画像も無いため不穏な噂が流れている件について

  • 2016-10-11
  • 本田望結の長女 真帆は障害?兄弟の中でスケートせず、画像も無いため不穏な噂が流れている件について はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「家政婦のミタ」で大ブレイクを果たした女優の本田望結ちゃん。
女優としての評価も高い彼女だが、フィギュアスケートの選手としても活躍しており、
その腕は全国大会に出場するほどだ。

また、本田望結ちゃんは5人兄弟で、4人はスケートをしているのだが、
長女の真帆さんだけがスケートをしておらず、メディアにも登場したことがないため、
画像も存在せず、一部では障害持ちとの噂も立っているようだ。

そんな長女の真帆さんについて真相はどうなのか、探ってみたい。

スポンサードリンク





本田望結の兄弟はスケート一家

まずは、本田望結ちゃんの兄弟を画像とともにご紹介したい。
そんな本田兄弟の集合写真の画像がこちら。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-11-56-35
この画像は2年前のもので上から

長男・太一さん(18歳)
次女・真凛さん(15歳)
三女・望結ちゃん(12歳)
四女・紗来ちゃん(9歳)

そして、長女の真帆さん(21歳)という家族構成になっている。

冒頭でもご紹介した通り、真帆さん以外の4人はスケートをしており、
4人の実力は大会で優勝し、全国大会に出場するレベルで、
フィギュアスケート界でも有名だそうだ。

本田望結の長女の真帆がスケートをしていないのは障害持ちだから?

これだけ4人の兄弟がフィギュアスケートで結果を残している中で、
一人だけ何の情報もなく、メディアにも登場していないことから、
ネットでは障害を持っているのではないかと噂されている。

しかし、よく調べてみるとそのような発言に根拠は一切なく、
あくまでも予想レベルの話であるため、信憑性は低いとみてよい。

本田望結の父親はスケート選手だった

本田望結ちゃんの父親について調べてみると、元フィギュアスケート選手だったことが判明した。
また、過去に一度だけメディアに出演しており、その時の画像がこちら。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-12-13-10
名前は本田竜一さんといい、1968年大阪府生まれ、京都府育ちで、
現在は会社員をしているが、昔はフィギュアスケート選手として活躍していた。

フィギュアスケートはお金がかかるスポーツとしても有名で、
その額は月に20〜30万円とも言われているため、
会社員と言っても役員クラスの可能性が高い。

もしかすると、金銭的な面で真帆さんがスケートを始められなかったのかと思ったが、
他の兄弟4人が始めているとなると、その可能性も低そうだ。

スポンサードリンク





本田望結の長女の真帆がスケートをしていない理由

このような情報から、真帆さんも父親の影響でスケートを始めていたのではないかと個人的に思う。
しかし、思うように結果が出せず挫折してしまったことも考えられるが
私個人的には選手生命に関わる大きな怪我を負ってしまい、
スケートを続けられなくなってしまったと考えている。

少なくとも、他の兄弟4人を見る限り、親に反抗する行動を取ったようにも思えないため、
真帆さんがスケートをしていないのはやりたくてもできない状態だと予想する。

また、フィギュアスケートで発症する可能性の高い大きい怪我については、
腰椎椎間板ヘルニアや半月板損傷などがあり、これらは手術が必要で、
復帰にも多くの時間が掛かってしまうため、こういった怪我によって辞めてしまう人も少なくないようだ。

しかし、真帆さんがスケートをしていないからといって優劣が決まるわけではなく、
今後別の分野で活躍する可能性があるのは、本田望結ちゃんを見ていてもその才能があると感じるため、
障害持ちなどといった声に負けず、自分らしい人生を送って欲しいと感じた。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る