スクープ(SCOOP)映画のネタバレ。福山の意外な結末と今までにない役どころに注目

  • 2016-10-2
  • スクープ(SCOOP)映画のネタバレ。福山の意外な結末と今までにない役どころに注目 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

10月1日より全国ロードショーされている映画「スクープ(SCOOP)」。
監督は「モテキ」や「バクマン。」などで知られる大根仁監督だ。

大根仁は「大人の男女に映画を見て欲しい」とコメントしているように
下ネタ要素があるため、映画館で見るのは恥ずかしいと感じる方もおられるだろう。

福山雅治さんがパパラッチを演じるということで注目が集まっている作品だが
どのような内容や結末を迎えるのか、ネタバレをご紹介していきたい。

スポンサードリンク





スクープ(SCOOP)映画のキャスト

■都城静(みやこのじょう しずか)
…福山雅治

元スターカメラマンの肩書を持つものの
現在は中年パパラッチ。

■行川野火(なめかわ のび)
…二階堂ふみ

「SCOOP!」編集部に配属され、静とコンビを組むことになる新人記者。

■横川定子(よこかわ さだこ)
…吉田羊

「SCOOP!」編集部で芸能、事件班を仕切る副編集長。

■馬場(ばば)
…遠藤賢一

「SCOOP!」編集部でグラビア班を仕切るもう一人の副編集長。

■チャラ源(ちゃらげん)
…リリー・フランキー

静とはくされ縁の仲で情報屋。

「スクープ(SCOOP)」のあらすじ

輝かしい業績を持つ凄腕カメラマンの都城静(福山雅治)は
過去のある出来事をきっかけに芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身する。
そんな日々が何年も続いたある日、写真週刊誌「SCOOP!」に配属されたばかりの
行川野火(二階堂ふみ)という新人記者とコンビを組まされることに。

最初は全く噛み合わず喧嘩ばかりの日々だったが
このコンビが独占スクープを連発する大活躍を見せていくことに。
そんな中、日本中が注目する重大事件が発生する…
二人はどのような行動を取るのだろうか。

ここから先はネタバレを含みますので
結末を知りたくない方は注意して下さい。

「スクープ(SCOOP)」ネタバレ 静と野火のコンビ結成まで

静は野球選手のスクープを撮ろうと車の中で張り込んでいたが
その現場には定子の指示で野火も急行していた。

静は慣れた手つきでカメラを仕込み、野球選手が入っていったバーに潜入し
女性とイチャついている野球選手にカメラを構えようとした時、
右も左もわからない野火が突然現れ、静の撮影を妨害してしまう。

せっかく獲物を捕らえかけたところを邪魔されてご立腹の静は
「SCOOP!」編集部に乗り込み、定子にクレームを入れる。
しかし、定子は売上が減少している現状を改善するために
静に「野火を育ててくれ!」と依頼する。

しかし、ただ依頼するのではなく「スクープネタ一つにつき30万円払う」と約束されたため
借金を背負っていた静はこの条件を飲むこととなり、静と野火のコンビが誕生した。

「スクープ(SCOOP)」ネタバレ 「SCOOP!」は二人のコンビによって売上上昇へ

コンビを組んだ二人は静と旧知の仲である
情報屋のチャラ源のタレコミ情報などを活用し、
トップアイドルの熱愛や政治家の密会などを次々とスクープ。

最初はこの仕事に対して「最低ですね」と呟いていた野火だったが
自分の撮った写真がテレビで使用されたり、
友人から「SCOOP!買ったよ」というメッセージが届くなどして
次第にこの仕事にやりがいを感じていく。

時には高級ホテルの中に入っていった議員と女子アナの熱愛スクープを撮影するため
ホテルの目の前で花火を打ち上げ、カーテンを開けた隙に写真を撮った。
しかし、二人はSPに気づかれ、映画さながらのカーチェイスを繰り広げたが
静と野火は「サイコー!」と意気投合していくのであった。

「スクープ(SCOOP)」ネタバレ 事件ネタも任されることに

二人の活躍によって「SCOOP!」は順調に売り上げを伸ばしていき
定子は事件ネタも扱うようになっていた。
そんな中、定子は静に「事件ネタを請け負ってほしい」と依頼する。
定子は静の過去の輝かしい業績を知る数少ないうちの一人で
またトップカメラマンに戻ってほしいと願っていたのだ。

静は断るものの、野火に促される形で定子の依頼を了承した。

「スクープ(SCOOP)」ネタバレ 静と定子の関係性

ある日、いつものように芸能ネタを追っていた二人は
危ない連中とつるんでいる若手芸能人集団と遭遇する。
これはチャンスだとカメラを向けた野火だったが
静は危険を察知して取材をやめてしまう。

納得のいかない野火は一人で現場に向かうも
案の定、集団に捕まってしまう。
野火が乱暴されそうなところで静が登場するも返り討ちに。
もうダメかと思われたその時、チャラ源が登場する。

チャラ源は元ボクサーであったため、集団を全員倒し
野火の救出に成功した。

その後、静とチャラ源は二人で朝まで飲んで
チャラ源が「かず子が娘に合わせてくれない」と寂しそうに話していた。

そして、静が自宅のベットで横になっていると野火が
「カメラを返しに来ました」と訪れてきた。
二人は良い雰囲気になろうとした時に定子が朝食を作りに部屋を訪れる。

この時、野火は定子が静の元彼女であったことを知ったのだ。

「スクープ(SCOOP)」ネタバレ 連続殺人犯の撮影へ

「SCOOP!」では連続強姦殺人事件の犯人、松永の
現在の写真を撮るための会議が静と野火を含めて行われていた。

そして、作戦決行の日
松永は事件検証のため、事件現場を訪れるところを激写するというもの。
しかし、警察は松永を完全にガードしており、
マスコミは一歩も近づくことができない状況だった。

警察は松永をブルーシートで隠して完全防備の状態だったが
そこに仕掛けたのがグラビア班の馬場だった。
彼はラグビー経験者であったため、その経験を生かし
警察へと猛アタックを仕掛ける。

これにより、警察は混乱し、あと少しのところで松永の顔を撮れそうだが最後の一歩が足りない。
そこで、静が警察をさらに撹乱させ、ついに松永の顔が露わになり
その姿を野火がシャッターに収めたのだ。

これによって「SCOOP!」の売上は35万枚という大記録を達成し
物語はこのまま歓喜の状態でエンディングへ向かうと思われたが…

「スクープ(SCOOP)」ネタバレ チャラ源によって静が…

「SCOOP!」は大記録達成に歓喜し、カラオケを貸し切り、
祝杯に酔っていた。

そして、静と野火は男女の関係へと発展して夜を過ごした。

その後、静のスマートフォンに着信が入る。
チャラ源からだった。

内容は
「かつての妻のかず子と娘に会いに行ったら男が出てきたから
かず子と男を撃ち殺した」という衝撃的なものであった。

静はすぐに現場に急行すると自分の娘を人質にとり
ピストルを片手に街中を歩いていた。
チャラ源は薬をやっており、その影響でおかしくなってしまったのだ。

チャラ源は「写真を撮って欲しい」と静に促す。
静は「別の場所にしよう」と移動を促した。

この事件はテレビのニュースなどでも大々的に取り上げられ
多数の警察が出動して、現場に集まってきた。
静はチャラ源の隙を見て娘を逃がすことに成功する。
そして、チャラ源を懸命に説得した。

そんな中、チャラ源は静の指示でカメラを構えていた野火の姿が目に入った。
これに怒ったチャラ源は野火に銃口を向けて発砲しようとしたところ
静がチャラ源の腕をとり、銃口を逸らすも発砲された弾は
静の頭を直撃していた。

そして、チャラ源は警察によって取り押さえられるも
静は即死。しかし、野火は静が撃たれる決定的瞬間をカメラに収めていた。
というのも、静は撃たれる直前に野火に「写真を撮れ」と目で合図を送っていたのだ。

その後、「SCOOP!」では会議で写真の掲載を巡って定子と馬場が対立するも
新編集長に内定していた定子の意見が採用され、写真は掲載された。

野火は涙を流しながら原稿を作成し
「人生をかけた一枚という写真はベストセラーとなった。

それから野火は静の遺品であるカメラを片手に
別のカメラマンとコンビを結成してスクープを取り続けていた。

以上が映画「スクープ(SCOOP)」のネタバレである。

スポンサードリンク





映画「スクープ(SCOOP)」は新たな福山雅治を見れる

福山雅治さんの役どころといえば、清純でクールな役が多い印象だが
今回は今まで見たことがない汚れ役と言っても良い。
下ネタ全開で、最後は亡くなってしまうというバットエンドだが
新たな福山雅治さんを見れて良かったという声が多く見られる。

また、他のキャスト陣も
二階堂ふみさんは物語が進むにつれて変わっていくところであったり、
遠藤賢一さんの涙であったり、
吉田羊さんの冷静かつ熱い演技であったり、
リリー・フランキーさんの独特の演技なども評価が高い。

「SCOOP!」が発売中?


こちらは実際に発売されている「SCOOP!」である。
実際の週刊誌と同じ作りになっており、中身は

・キャスト陣や大根仁監督のインタビュー
・大根仁監督と週刊文春の現役編集長の対談
・静とチャラ源の知られざる前日談

など映画では描けなかった部分や
より、「SCOOP!」の世界をより楽しみたいという人は手に取っておきたい一品となっているようだ。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る