怒り(映画)ネタバレ。山神の動機や落書き内容の意味に疑問の声も

  • 2016-9-17
  • 怒り(映画)ネタバレ。山神の動機や落書き内容の意味に疑問の声も はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「悪人」などで知られる吉田修一氏の小説「怒り」の映画が
9月17日より全国ロードショーされている。
キャストが渡辺謙さんや妻夫木聡さん、宮崎あおいさんなど
主演級の豪華なキャスト陣で構成されているのも魅力の一つで
劇中曲は坂本龍一さんが手がけている点も見どころの一つである。

ここでは映画「怒り」とはどのような内容なのか、ネタバレと
犯人、山神の動機や落書きの内容の「怒」が意味するものは
一体何なのかについても考察していきたい。

スポンサードリンク





映画「怒り」キャスト一覧

映画「怒り」のキャスト一覧は以下の通り。

【映画「怒り」キャスト一覧(千葉編)】
槙洋平…渡辺謙
田代哲也…松山ケンイチ
槙愛子…宮崎あおい
明日香…池脇千鶴

【映画「怒り」キャスト一覧(東京編)】
藤田優馬…妻夫木聡
大西直人…綾野剛
薫…高畑充希
藤田貴子…原日出子

【映画「怒り」キャスト一覧(沖縄編)】
田中信吾…森山未來
小宮山泉…広瀬すず
知念辰也…佐久本宝

キャスト一覧を見るとどの方も主演を演じるような
豪華なキャスト陣で構成されていることがわかる。

映画「怒り」のあらすじ

1年前に発生した一つの事件から物語がスタートする。
その事件とは八王子で起きた夫婦惨殺事件。

さらに現場には、被害者の血で書かれた「怒」という
落書きのような文字が残されているという不可解な事件で
警察の捜査によって犯人の名前は「山神一也」だと判明するものの
山神は整形手術を受けて逃亡。

1年経った現在も山神の逮捕には至っておらず警察が捜査を続けている矢先
千葉、東京、沖縄で3人の謎の男が登場し
それぞれの3つの物語が山神の逃走によって様々な展開を迎えることとなる。

映画「怒り」千葉編 田代哲也

千葉県南房総半島の港町に住む
槙洋平(渡辺謙)と一人娘の愛子(宮崎あおい)。

洋平の妻は8年前に亡くなり、男手一つで愛子を育ててきた。
しかし、愛子は大学を卒業後、家出を繰り返す中で男に声をかけられ
東京の歌舞伎町の風俗店で働いてしまう。

その事実を知った洋平は愛子を連れ戻し、平穏な日々を送っていたが
愛子が仕事先を求めて洋平の勤め先の漁協を訪れ、その漁協で働いていたのが
田代哲也(松山ケンイチ)だった。

愛子は無事漁協で働く事が決まると、田代と出会い
二人は意気投合して交際関係へと発展していった。

映画「怒り」東京編 大西直人

東京の大手通信会社に勤める藤田優馬(妻夫木聡)は同性愛者だった。
ある日、男同士が出会う場で大西直人(綾野剛)と出会う。

どこか大西の事が気になった優馬は大西を食事に誘うと
大西は「行く宛がない」と言い始めたため
自分の家に泊めることに。

それがきっかけで二人は意気投合し、同棲生活を始めることに。

映画「怒り」沖縄編 田中信吾

福岡から沖縄の高校に転入してきた
高校1年生の小宮山泉(広瀬すず)。
その泉に思いを寄せていたのが違うクラスの
知念辰哉(佐久本宝)だった。

二人は友達関係として仲が良く
ある日辰哉に誘われる形でボートに乗って無人島・星島を訪れる。
その島で泉はこの島の廃墟に住んでいる田中信吾(森山未來)と出会う。

泉は田中に「ここに住んでいることは誰にも言わないでほしい」と言われたため
一緒に星島を訪れた辰哉に田中の存在を明かすことしなかった。
それどころか泉は田中の存在が気になり、辰哉に頼んで
星島にボートを出してもらい、田中に会いに行くようになっていた。

ここから先はネタバレを含みます。

映画「怒り」千葉編ネタバレ 田代哲也が姿を消す

愛子と田代は同棲生活をスタートさせていた。
洋平も一人娘の同棲に心配を抱えていたが、仕方ないと感情を押し殺していた。

そんな中、警察が整形後の山神一也の写真を公開する。
その写真をよく見てみると田代の顔とそっくりだったのだ。
心配になった洋平は田代の以前の勤務先を調査すると
以前の勤務先では高橋と名乗っていたことが判明した。

田代は偽名を使用していたことに関して
「親の借金取りから逃れるため」だと説明していたものの
愛子も田代に疑問を感じ、警察に連絡してしまう。
これによって田代は姿を消したのだ。

映画「怒り」東京編ネタバレ 大西直人が姿を消す

大西と同棲生活を送っていた優馬であったが立て続けに友人宅で窃盗被害が発生する。
優馬は無職でお金がなく、人の携帯を勝手に見る行動を取っていた
大西が犯人なのではないかと疑いを持ち始める。

そんな中、優馬はカフェで知らない女性と会っている大西を目撃。
自分は大西に利用されているだけなのではないかと疑いが膨れていった中
警察が公開した山神一也の写真を見て
ホクロの位置が大西と一致しているのに気づいてしまい

「お前が山神一也じゃないよな?」と直接大西に聞いたのを境に
大西は優馬の前から姿を消してしまった。

映画「怒り」沖縄編ネタバレ 田中信吾

泉と辰哉はある日、那覇に出かけていた。
すると、無人島・星島にいるはずの田中の姿を発見する。
田中は那覇の居酒屋でアルバイトをしているといい
泉は辰哉とともに田中のアルバイト先へ。

そこで辰哉は酔い潰れてしまい、泉は辰哉を残して
用事があるため、一人街へと出て行った。

その際に立ち寄った公園で泉が2人の米兵に乱暴されそうになってしまう。
泉はもうダメかと諦めかけた時に誰かが警察を大声で呼ぶ声が聞こえ
2人の米兵たちは逃げ出し、難を逃れたのであった。

後に辰哉が田中の元を訪れると「大声を出したのは自分だ」と田中が言ったため
そこから二人の仲が良くなり、辰哉のアルバイト先で田中は働くこととなった。

辰哉は田中の印象について親しみやすい良い奴と感じていたが
ある日、田中がお客さんの荷物を雑に扱っている姿を目撃する。
これによって田中に対して不信感を抱いていた。

スポンサードリンク





映画「怒り」ネタバレ結末 山神一也の正体は田中信吾だった

ある日、泉は田中が住んでいた廃墟を訪れる。
すると、廃墟には無数の「怒」という文字が。
泉は事件のことを知らなかったため、この時点で殺人事件を起こした犯人であると思わなかったものの
田中に対して不気味な印象を受けたのであった。

そして、事件を追っていた警察がついに訪れる。
警察の話を聞いて事件の内容をくみ取った泉は辰哉を誘い出し
田中の廃墟を訪れた。
すると、以前目撃した「怒」という文字の他にも

「米兵にやられている女を見た 知っている女だった ウケる」
「どっかのおっさんがポリスって叫んで終了」
「逃げずに最後までやれよ米兵」
「女気絶 ウケる」

と衝撃的な内容の落書きがあったのだ。
そう、田中は泉が米兵に襲われていた際に大声を出したのではなく
傍観して楽しんでいたのである。

これを知った辰哉は田中を刺してしまったのだ。
田中はそのまま亡くなったため、事件の全容は闇の中に。

映画「怒り」千葉編ネタバレ 田代哲也の結末はどうなった?

愛子の警察への通報によって姿を消していた田代だが
山神ではなく、前科もなかったことが判明した。

この結果に田代を信用してあげられなかった洋平と愛子は酷く後悔した。
田代哲也の本名は柳本康平といい、親の借金取りから逃れるために偽名を使っていたのは事実だった。

事実を知った洋平と愛子は田代に戻ってくるように説得。
田代はそれに応えるように匂わせる形で物語は終わっている。

映画「怒り」東京編ネタバレ 大西大西の結末はどうなった?

優馬の友人宅で起きていた窃盗事件は別の人間が逮捕され
山神が死亡したこともニュースで知った優馬は大西が犯人でなかったことに気づく。

優馬が激しく後悔していると、大西が公園で倒れて亡くなったという知らせが入ってくる。
大西は幼い頃に両親を亡くし、大学には働きながら通っていた苦労人であったことがのちにわかり
心臓疾患を患ったことで会社をクビになっていたことも判明した。

「怒り」の謎は山神の動機と落書きの意味



「怒り」の物語の終わり方としてはまだまだ不明な点が多い。

まず、山神はなぜ、殺人事件を起こしたのか。
さらに、「怒」という落書きの意味は何だったのか。

この二つに関しては小説でも映画でも明らかにされておらず
読者の間でもいろいろな憶測が飛び交っている。

私個人的には山神は泉が襲われている姿を見て喜んでいた性格から
普通の性格ではなく、殺人も単なる興味本位で行ったものだと感じる。

「怒」の落書きに関しては山神には描かれていない過去があり
「怒」を連想させる壮絶な出来事を経験していたため
メッセージ的な感じで残したのではないだろうか。

この「怒り」という作品は犯人探しというよりも
自分が愛した人を信用することができるのかという点などから
非常に考えさせられる作品となっている。

上記にある小説版の「怒り」はより鮮明な内容となっており
映画を見た後に小説を読むとより内容が入ってくるとの評価もあるため
作品が気に入った方は手に取ってみるのも良いかもしれない。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る