大谷亮介と高畑裕太は息子と父親で高畑敦子と不倫関係だった衝撃の過去が明らかに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

女性ホテル従業員への暴行で逮捕された高畑裕太容疑者。
ブレイク中の俳優が突如逮捕されるという芸能界に衝撃を与えた事件だが
そんな高畑裕太容疑者の父親が「相棒」などで知られる
俳優の大谷亮介さんであると週刊新潮と週刊文春が報じている。

息子の逮捕に大谷亮介さんは
自分が父親であることがいつか明かされるだろうという思いだっただろうが
高畑淳子さんとは結婚をしておらず、不倫関係だったことも同時に明らかとなったことが波紋を呼んでいる。

スポンサードリンク





大谷亮介が高畑裕太と父親と息子の親子関係であることを認める

大谷亮介さんは週刊新潮の取材に当初は高畑裕太容疑者の父親であることを否定していたが
取材を重ねると

そのことについては否定しません。裕太さんは私と淳子さんの息子です。
私は過去に淳子さんと結婚を前提にお付き合いしていましたが、結婚には至りませんでした。
その後は、親密な交流は控えてきました

と息子が高畑裕太容疑者であることを認め
同時に高畑淳子さんとは結婚しておらず、不倫関係であったことも認めた。

大谷亮介と高畑淳子の関係はいつから?

高畑淳子さんは1978年24歳の時に劇団員と結婚するも
わずか1年半で離婚。

1985年31歳の時に一般男性と再婚し
1986年11月22日には女優の高畑こと美さんを出産するも
2人は別居状態へ。

その間に大谷亮介さんと5年半もの間、不倫関係へと発展し
1993年9月13日に高畑裕太容疑者が誕生するものの
大谷亮介さんが発言した通り、結婚に至ることはなかったという。

また、高畑淳子さんと2回目に結婚した一般男性は結局
「すれ違い」が原因で1992年38歳の時に離婚しているのだが
大谷亮介さんとの関係が離婚の決定打になった可能性も十分考えられる。

高畑裕太は大谷亮介と父親と息子の親子関係であることを理解していた

週刊文春の取材で青年座の回答によると

裕太が幼少の頃、大谷氏が裕太の学校行事などに参加したことはありましたが
大谷氏が別の女性と結婚されてから親子としての交流はありません

ということで高畑裕太容疑者は自分の父親が大谷亮介さんであることを理解していたことがわかる。

ちなみに大谷亮介さんは現在一般女性と結婚しているが
この事実を話していたのかは不明なので、この報道を機に真実を知った可能性も考えられる。

高畑裕太が発達障害であることを大谷亮介が暴露?

大谷亮介さんは過去に相棒のトリオ・ザ・捜一の対談で以下のような発言をしていた。

挙動不審、よく言われるんですよ。
あの多動性(ADHD)っていう。
僕の息子がそれだって診断されましたから。
多分僕もそうだと思うんです。

そっくりだって。おふくろが。
子供が多動性(ADHD)だって診断された時、
そっくりだって。

高畑裕太容疑者は以前から発達障害が疑われていたが
これはその噂を決定づける発言なのだろうか。

スポンサードリンク





大谷亮介は可哀想なのか?高畑裕太の方が…

この報道によってネットでは「とばっちり」「可哀想」などと大谷亮介さんを擁護する声が目立つ。
確かに不倫関係にあったのは何十年も前で今さら掘り返されるのは本人も辛いだろう。
しかし、不倫をして子供まで作ってしまったことはある程度のリスクを背負う必要がある。

また、今判明している情報では高畑淳子さんと2人目の結婚相手とは
別居が先だったのか、不倫関係が先だったのかもよくわかっていない状況だ。

そして、個人的に同情してしまうのは息子である高畑裕太容疑者である。
もちろん、高畑裕太容疑者が今回起こした事件は決して許されるものではないが
こうした複雑な家庭環境で自分が生まれたことを考えると
テレビなどでは明るく振舞っていたが、心の闇は深かったのかもしれない。

それに自分にも責任があるとはいえ、シングルマザーで育ててきた高畑淳子さんも
息子との接し方には常に気にかけていたのだろう。
また、ネットでは高畑淳子さんが娘の高畑こと美さんと
息子の高畑裕太さんとの扱い方が違いすぎると話題になっていたが
こうした背景も要因となっていたと考えられる。

もちろん、高畑裕太容疑者だけでなく、高畑こと美さんの心境も相当複雑だろう。

高畑裕太容疑者が逮捕されなければ公にならなかったかもしれない事実だが
息子が俳優としてブレイクをしている最中に逮捕された時の大谷亮介さんはどのような心境だったのだろうか…


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る