毬谷友子のいいともでの放送禁止用語と洗脳騒動が衝撃的すぎてヤバい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

8月26日放送の「爆報フライデー」で元宝塚女優Mが過去に洗脳されていたことを告白するが
その元宝塚女優Mとは誰なのかというと、女優の毬谷友子(まりや ともこ)さんである。
その衝撃的な洗脳騒動とは一体何なのだろうか。

また、毬谷友子さんといえば、過去に「いいとも」に出演した際に
ある放送禁止用語を発言し、話題になったこともあるのだが
その放送禁止用語とは何なのかもご紹介していきたい。

スポンサードリンク





毬谷友子の洗脳騒動の始まり

1995年5月
当時35歳だった毬谷友子さんは洗脳騒動のきっかけとなる、ある人物と出会うこととなる。
それは知人から紹介された60歳の家政婦だった。

当時の毬谷友子さんは結婚をしておらず寂しさを紛らわすために犬を飼い始めるものの
仕事は多忙で面倒を見る時間が満足に取れず、ペットシッターを探していた。
その家政婦は「亡くなった夫の家賃収入で生活しており
お金には困っていませんが、犬が大好きなのでお手伝いをさせてください」
と説明し、毬谷友子さんも「この女性なら信頼できる」と家政婦として雇うことを決意。

家政婦が毬谷友子にした洗脳の手順

その家政婦は献身的に仕事を全うしていた。
それは休みの日まで毬谷友子さんの自宅に通うほどで
「あなたの役に立ちたい」「お金のためじゃない」などと言って
毬谷友子さんの心の中へと徐々に浸透していった。

そして1998年、毬谷友子さんの父親が亡くなった際には
落ち込んでいる毬谷友子さんに対し、朝まで付き添ったことで
毬谷友子さんの心を完全に支配。
家政婦は合鍵を受け取ったのであった。

毬谷友子に不可解な現象が現れる

家政婦に完全に心を許した毬谷友子さんが合鍵を渡してから不可解なことが次々と起きる。

・公共料金の支払いのために用意していた現金入りの封筒が無くなる
・財布の中のお金が減っている

さらにこれだけでなく家政婦の行動も変化が現れ

・毬谷友子さんのお金で高級レストランで食事をする
・毬谷友子さんのお金で旅行に連れて行ってもらう

などの行動を取り始め、家政婦はほぼ毎日毬谷友子さんの自宅に通っていた状態だったという。

ついに家政婦の正体が明らかになり、毬谷友子は洗脳に気づく

家政婦の洗脳は気づくと約3年もの月日が経っていた。
そして、1998年3月にある連絡が入る。
それは家政婦を紹介した知人からで
「紹介した家政婦は詐欺をして退会させた人物なので気をつけて下さい」
と言った内容だったが洗脳されている毬谷友子さんは信じなかった。

しかし、知人の強い主張によって家を調べてみると
高額な着物や宝石類が無くなっていたのだ。

そして、毬谷友子さんは初めて家政婦に疑いの目を持ち
探偵を雇って金品を盗むところとそれを換金するところをカメラで映像として残し
これが決定的な証拠となって家政婦は逮捕された。

毬谷友子さんは金品を盗まれたことよりも心を盗まれていたことにショックを受けたと
洗脳騒動に対してコメントをしている。

毬谷友子がいいともで発言した放送禁止用語とは

洗脳騒動から約10年が経ち、落ち着きを見せた毬谷友子さんが
さらに注目を浴びる出来事が起こる。

それは2009年3月4日に放送された「笑っていいとも」のテレホンショッキングでのこと。
毬谷友子さんは5月から控えている舞台のために発声練習をしているという話題になり
実際に披露すると「もう今、うちがキチガイみたいな…」と放送禁止用語を発言してしまったのだ。
毬谷友子さんも放送禁止用語だと気付き、すぐに口を押さえたものの
2回も放送禁止用語を発言していたようで、不用意なのか故意だったのかは不明だ。

その後、加藤綾子アナウンサーが放送禁止用語があったため
謝罪をしたものの、ネットなどでは放送禁止用語があったと話題になった。

スポンサードリンク





「キチガイ」はなぜ放送禁止用語なのか

私自身「キチガイ」という言葉が放送禁止用語にあたるということを知らなかったため
調べてみると、「キチガイ」は身体障害者に対する差別用語だという認識が一部にあるため
そのような発言をすると多くの苦情がテレビ局に寄せられるためとのこと。

特に芸能人が使う言葉は一般人にまで広く浸透する可能性が高いため
苦情が寄せられた表現に関しては放送禁止用語として自粛する傾向にあるそうだ。

ただ毬谷友子さんが発言した「キチガイ」は業界人なら使ってはならない言葉として
広く浸透している言葉とのことで、とっさに出てしまったということは
日常的に使用していたことも考えられるため、反省の余地がありそうだ。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る