高畑裕太の発達障害はアスペルガー?4歳時にはADHDで逮捕の予兆あったのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ホテルでの女性従業員暴行で逮捕された高畑裕太容疑者について
過去の言動や奇行などから高畑裕太容疑者は発達障害なのではないかと
ネットなどで話題になっている。

特に発達障害の中でもアスペルガー症候群やADHD優位型ではないかする声が多く見られるが
金スマやおじゃマップでのエピソードや4歳の時のエピソードなどを紹介し
高畑裕太容疑者は発達障害なのかを紐解いていきたい。

スポンサードリンク





高畑裕太の発達障害疑惑(金スマでのエピソード)

高畑裕太容疑者は母親の高畑淳子さんとともに2012年に金スマに出演した。
その内容は息子に1ヶ月間便利屋としてアルバイト経験を積ませるというものだった。
金スマでの高畑裕太容疑者の奇行や言動をまとめると

・アルバイトの面接に履歴書を持参せず、必要だということも知らない
・缶切りの使い方がわからない(当時19歳)
・クリーニング屋の掃除の仕事で「汚ねえ、くせえ」などと発言する
・運転してもらっている車に座ると5分で爆睡
・米をとぐことができない

などといった言動や奇行の様子が放送され、当時から発達障害なのではないかと
一部で囁かれていたようだ。

高畑裕太の発達障害疑惑(おじゃマップでのエピソード)

金スマは4年も前のことだがおじゃマップはつい先週放送された回に
高畑裕太容疑者が出演しており、そこでも発達障害を匂わせる奇行や言動があった。
おじゃマップの内容は那須サファリパークや那須りんどう湖を訪れるというもの。

・撮影中終始ハイテンションだった(SMAP解散騒動を紛らわせる気遣い?)
・ライオンの餌やりの時に窓を全開にした
・身を乗り出してライオンに餌やりをした
・キリンの餌やりに興奮してよだれを出した
・動物の餌を自分で食べて香取慎吾さんにも食べさせようとした
・母親の高畑淳子さんのことを「あいつ」呼ばわりした

などといった奇行や言動を繰り返しており
香取慎吾さんやアンタッチャブルの山崎さんも一歩引いている感じだったという。
さらに、視聴者からも不満の声が相次いだといい、薬物でもやっているのではないかと
発達障害以外の疑惑もかけられる始末だったとのこと。

高畑裕太の発達障害疑惑(4歳時や幼少期のエピソード)

高畑裕太容疑者は4歳になるまで喋ることができず
アトピーや喘息、左耳の難聴も抱えていたという。

そして、小学生になると忘れ物が多く、毎日必ず何かを忘れるほどの酷さで
高畑淳子さんが学校まで忘れ物を届けると本人はコンビニで立ち読みをしていたという
エピソードが高畑淳子さんの口から語られたことがある。

スポンサードリンク





高畑裕太の発達障害はアスペルガーとADHDの両方か

大人の発達障害は主に以下の3つに分けることができる。

・ADS優位型(アスペルガー)
相手の気持ちの理解、次に起こることを予測するのが苦手。
思い込みや認知、理解のズレが激しい。
・ADHD優位型
関心の切り替えが難しく、思いつきの行動をしやすい。
うっかりミスも多い。
・LD優位型
作業指示の飲み込み速度が遅い。

上記のエピソードを見ると高畑裕太容疑者は
アスペルガーとADHDの両方の発達障害があると見られる。
特にアスペルガーの思い込みやADHDの思いつきの行動をしやすいなんかは
そのまま当てはまっているように感じる。

発達障害は決して悪ではない

最後に伝えたいことは発達障害の疑惑がある高畑裕太容疑者は
他人を傷つける事件を起こしてしまったが
それがきっかけで発達障害を持っている人に悪い印象を持たないでほしい。

発達障害を抱えている人はカウンセリングや薬物療法などで
治そうと必死に努力している人も大勢いるのが現実であり
実は自分自身が発達障害であることに気づかない人も多く存在するとされている。

今回事件を起こした高畑裕太容疑者の数々の奇行や言動によって
発達障害という言葉が多く拡散しているが
たまたま今回の事件を起こした人が発達障害疑惑があるというだけで
発達障害でも第一線で活躍している人は多く存在するので
発達障害というだけで悪い印象を持たないでほしいというのが個人的な感想である。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る