SMAP解散の真相。最新は香取慎吾とキムタクが主犯とされているが本当は事務所なのではないかとの声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

8月14日未明、年明けから騒がれていたSMAP解散騒動が
ついに現実のものとなってしまう最新のニュースが飛び込んできた。

「SMAPが12月31日をもって解散する」

この突然の発表に多くの反響が上がっているが
ネットなどを見るとSMAP解散の主犯は香取慎吾さんとキムタクが原因との見方が多い。

しかし、解散の真相は果たしてそのようなものなのだろうか。

スポンサードリンク





SMAPが解散。最新事務所コメント全部

まずはジャニーズ事務所より各マスコミに宛てられた
SMAP解散に関する最新コメントをご紹介したい。

報道関係者各位

弊社所属アーティスト「SMAP」今後のグループ活動につきまして

いつもSMAPをご支援頂き、有難うございます。
これまで皆様に大変ご心配をお掛けしておりましたSMAPの今後の活動につきまして
メンバーと協議を重ねた結果をご報告させて頂きます。
またメンバーの意思を尊重し、書面でのお知らせとなりましたことをお許しください。

デビューより25年間アーティストとしてグループ活動をして参りましたSMAPは
2016年12月31日を持ちまして解散させていただくことになりました。
本年1月にSMAPメンバーより事務所に残りグループ活動を存続させたいという意向を受け、
事務所一丸となってSMAPをサポートするべく各部署で様々な準備を進め、
2月より8月10日までの半年以上の時間をかけて個々のメンバー並びに全員と面談を重ね、
例年通りの音楽番組への出演、ファンへの感謝をこめたコンサートの開催、
更には冠番組の20周年とCDデビュー25周年を記念したイベントの企画等を提案し、協議を進めて参りました。
しかしながら議論を続ける中で「今の5人の状況ではグループ活動をすることは難しい」という
メンバー数名からの要望を受け、7月の音楽番組を辞退させて頂いた経緯がございました。
8月に入り、待っていて下さる方々の為にも、落ち着いて考える時間を持ち、
前向きな状況が整うまでグループ活動を暫く休むことを提案致しましたが、
メンバー数名より「休むより解散したい」という希望が出たことを受け、
苦渋の選択ではございますが、これまで一生懸命に走り続けた彼らの功績を尊重し、
全員一致の意見ではないものの
解散したいと考えるメンバーがいる状況でのグループ活動は難しいと判断し、
本日の御報告となりました。

25周年のコンサートやイベントを待ち望み応援してくださっているファンの皆さま、
そして彼らを今日まで支えてくださった関係者の皆さまのご期待に応えることが出来ず
本当に心苦しく、私共の力不足をお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。

本年を持ちまして、SMAPは解散させていただくことになりますが
5人それぞれの所属が変わることはなく、より一層個人活動につきましては精進して参ります。
彼らの活動を、これまで同様温かく見守っていただけましたら幸いです。
今後ともご支援とご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社ジャニーズ事務所

ここで注目すべきは
「今の5人の状況ではグループ活動をすることは難しい」という
メンバー数名からの要望を受け
メンバー数名より「休むより解散したい」という希望が出たことを受け
全員一致の意見ではないものの
解散したいと考えるメンバーがいる状況でのグループ活動は難しいと判断し、
本日の御報告となりました。
という点だ。

SMAP解散コメントのメンバー数名は誰?

気になるのは解散したいと発言したメンバー数名は誰なのかであるが
これは香取慎吾さん、草彅剛さん、稲垣吾郎さんの3名であると推測されている。

その解散理由について
「休止明けのグループ活動がイメージできない。
休止といってファンに期待を持たせるのは失礼。休みより解散したい」
というファンのことを考えての理由だったとか。

中居正広さんもキムタクとの関係が修復していないものの
SMAP解散までは考えていなかった。

一方、キムタクは
「この度の『グループ解散』に関して、正直なところ本当に無念です。
でも、25周年のライブもグループ活動も5人揃わなければ何も出来ないので、
呑み込むしかないのが現状です。沢山の気持ちで支えて下さったファンの方々、
スタッフの皆さんを無視して『解散』と言う本当に情けない結果になってしまいました。
今は言葉が上手く見つかりません」というコメントを残している。

また、この3人の中でも特にSMAP解散を強く希望したのが
香取慎吾さんだったという。

香取慎吾さんとキムタクの香取の乱がSMAP解散の決め手に?

特にメンバーの中で確執があったのが香取慎吾さんとキムタクだとされている。

香取慎吾さんはジャニーズ事務所を退社した飯島マネージャーを母親のように慕っていた。
そして、SMAPメンバ−5人と飯島マネージャーで独立する計画を立てていたものの
突如、キムタクがジャニーズ事務所に残ると宣言。

これにより、空中分裂する形となり、解散は免れたものの
25周年にもかかわらず最新シングルの発表やコンサートの予定もなく
かつてのSMAPの姿は無くなっていた。

特に香取慎吾さんはキムタクに対する怒りが収まらず
現在も関係修復は不可能の状態だという。

そんな香取慎吾さんはSMAP解散騒動の時はドラマ「家族ノカタチ」に出演中で
ドラマ撮影が良い気分転換になっていたという。

しかし、ドラマ撮影が終わり、打ち上げの現場では
「正直、明日どうなるかわかりません。
もしかしたら自殺しているかもしれないですね」
と自殺発言をするほど追い込まれていたという。

なので、ネットの記事などで真相について解散したいと言った香取慎吾さんのせいであったり
ジャニーズ事務所に残留することを決定したキムタクのせいとなっているのだ。

SMAP解散の真相について本当の責任はジャニーズ事務所なのでは?

SMAP解散騒動の真相について根源を辿れば
飯島マネージャーをメリー副社長が
ジャニーズ事務所から追い出そうとした動きがあったことが原因だ。

SMAPにとって飯島マネージャーは長い年月を共にしてきた
切っても切り離せない関係である。
そんな育ての親でもある飯島マネージャーを事務所から
追い出そうという動きがあればSMAPも黙っていられるはずもない。

飯島マネージャーを追い出せばSMAPがどのような行動をとるかは事務所側も把握していただろう。
その上で飯島マネージャーを事務所から追い出したのだ。
結局、SMAP独立はキムタクの残留によって失敗に終わるが
キムタクもメンバーで唯一家族を持っているということで
工藤静香さんからの助言も残留の決め手になったのだとか。

工藤静香さんはキムタクと結婚した2000年に
過剰すぎる報道にならないよう対応してくれたメリー副社長に恩義を感じているのだという。
考え方によってはこれを事務所側が逆手に取ったということも考えられるが
真相は未だにはっきりしていない。

しかし、事務所内で派閥があり、飯島マネージャーを理不尽な理由で追い出そうとしたことが
全ての始まりだったことは言うまでもない。
そうであるにもかかわらず、現在ではSMAP解散の真相が
香取慎吾さんやキムタクにばっかり目が向けられているのに違和感を感じる。

スポンサードリンク





SMAP5人の今後について

中居正広さんはバラエティなどを中心とした司会業をこのまま続け
ソロになったことで活動の幅を広げていくものと思われる。

木村拓哉さんは2015年に放送された「アイムホーム」は高視聴率をマーク。
来年は主演の時代劇映画「無限の住人」の公開や年明けにはドラマの主演も内定しており
役者の道を極めていくものと思われる。

草彅剛さんは今年1月に放送されたドラマ「スペシャリスト」が毎回2桁の視聴率を叩き出し
「役作りがうまい」とスタッフからの評価も高いため
木村拓哉さんと同じく役者の道を極めていくものと思われる。

稲垣吾郎さんは今年4月に放送されたドラマ「不機嫌な果実」では
マザコン男を熱演し、他のメンバーにはない個性的な役柄を演じることができ
「想像もつかない引き出しがある」という評価を得ているため、ドラマ出演が増えると思われる。

香取慎吾さんはSMAP解散騒動以後、一番ダメージを受けている状態だという。
なので、今後どのような活動をしていくのかを予想するのは難しいが
以前からファッションやアートでの才能を発揮しているため
その方向での活動が増えるのではないかとされている。

また、5人について解散はするものの5人ともジャニーズ事務所に所属したままだという。

12月31日がSMAPとして最後の活動となるわけだが
紅白歌合戦など第一線で活躍してきた彼らにふさわしい舞台を用意して
ファンの納得いく形で活動を終えてほしい。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る