羽根田卓也(カヌー)の高校や彼女は?マツコが怒り新党でイケメンでかわいいと応援していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カヌー競技でリオオリンピックに出場した羽根田卓也選手が
見事銅メダルを獲得した。

なお、カヌー競技でのメダル獲得は日本人初の快挙とのことで
多くの祝福の声が寄せられている。

あまり知名度のない羽根田卓也選手だが
以前、「マツコ&有吉の怒り新党」で紹介されており
マツコさんが「イケメンでかわいい」と褒めている場面もあったのだ。

そんな羽根田卓也選手について
出身高校や彼女の存在などをご紹介していきたい。

スポンサードリンク





羽根田卓也のプロフィール

1987年7月17日生まれの現在29歳。
出身地:愛知県。
身長175cm、体重65kg

出身中学校:豊田市立朝日丘中学校。
出身高校:私立名鉄学園杜若(とじゃく)高校
出身大学:スロバキアコメニウス大学

所属:ミキハウス

羽根田卓也の主な成績

2012年 ロンドンオリンピック 7位
2014年 カヌースラローム世界選手権大会 5位
2014年 第17回アジア競技大会 優勝
2015年 第37回NHK杯全日本カヌースラローム競技大会 優勝(11連覇)
2016年 リオオリンピック 銅メダル

前回のロンドンオリンピックにも出場しており
その時は7位という成績だったが、今回は悲願の銅メダル獲得という快挙を成し遂げている。

また、注目すべきは2015年のNHK杯。
11連覇という偉業も達成しており、日本国内では敵なしだという実力の持ち主なのだ。

羽根田卓也は高校時代で国内に敵なしの状態でスロバキアへ

羽根田卓也選手がカヌーを始めたのは9歳の時。
元カヌー選手だった父親と兄から影響を受けたのを機に始めている。

そして、カヌーの技術が瞬く間に磨かれていき
私立名鉄学園杜若高校3年生の時には国内で敵なしの状態だった。

高校卒業後はカヌーの強豪国であるスロバキアへ強くなりたいという一心で渡った。

スロバキアへ渡った後は苦悩の生活へ

スロバキアへ渡ってカヌーに没頭する生活を続けるも
2012年のロンドンオリンピックでは7位という結果に。

その後は履歴書や手紙を送るなどスポンサー探しに奔走する日々が続いた。
そして、受け入れてくれたのが現在所属するミキハウスだった。

そして、18歳でスロバキアに渡ってから約10年
ついにリオオリンピックで日本人初となる銅メダルを獲得する快挙を成し遂げたのだ。

マツコも怒り新党で羽根田卓也を応援していた

きっかけは羽根田卓也選手の友人がマツコさんの番組
「マツコ&有吉の怒り新党」に
「オリンピックでメダルが近い選手なのにどのメディアも取り上げない」と
投稿したことがきっかけだった。

そして、羽根田卓也選手を見たマツコさんは
「イケメンでかわいい」と褒められ
「ハネタク」という愛称をつけられていた。

スポンサードリンク





羽根田卓也の彼女は?

羽根田卓也選手の彼女については明らかになっていないが
おそらく、スロバキアに活動拠点を置いているため
彼女がいるとすれば現地の人である可能性が高い。

年齢も29歳で容姿もイケメンなので
彼女がいないということであれば、銅メダルも獲得したことで注目を浴び
今後彼女ができる可能性もある。

献身的な支えをしてくれる彼女がいれば結果にも大きく影響すると思うので
彼女が現在いるのか、分かれば追記していきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る