小林麻央の現在の病状と最新(8月)は低侵襲治療の病院に転院か。どこにしたのかも判明しそう…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
building-931283_640

小林麻央さんが乳がんで深刻な状態であるという
衝撃的な記者会見からおよそ2ヶ月が経つ。

結局、小林麻央さんの現在の病状については詳しくは明かされていないが
8月現在の最新の情報が流れている。

その情報によると現在は低侵襲治療の病院に転院しており
その転院先がどこなのか判明しつつあるというのが現状だ。

市川海老蔵さんは会見で
「そっとしておいてほしい」と発言したものの
なかなか、そのようにはいかないのが現状のようだ。

スポンサードリンク





小林麻央の現在の病状と8月復帰の小林麻央の現在

小林麻央さんの現在の病状や状態について
結論から言うとはっきりしていない。

しかし、5月19日の「バイキング」の生放送中に倒れて
そのまま芸能活動を休養している小林麻耶さんについて最新情報が判明した。

小林麻耶さんは8月中に復帰予定だったが
「すいません、復帰はまだ難しそうです」という話を関係者にしているとのこと。

小林麻耶さんの現在は小林麻央さんの病室に付きっきりの状態で
体調が悪い日は朝から深夜まで献身的に支えているのが現状だそうだ。

これらの内容は女性セブンが報じたものだが
この最新の情報が本当なら小林麻央さんは現在も深刻な状態であることが伺える。
ある程度回復の兆しが見えれば、小林麻央さんも仕事に復帰するのだろうが
残念ながら、現在の病状は厳しいと捉えて良いだろう。

小林麻央は10月に復帰するとの話も

一方で、小林麻耶さんは10月に仕事に復帰するという話が
関係者との間で進んでいるとの情報もある。

しかし、8月現在の本人の状態は仕事をするどころではないとのこと。
特に小林麻耶さんは明るいキャラクターが魅力の一つなので
その切り替えができないと厳しい。

ただ、芸能界は入れ替わりが激しいため、長く休養していると
仕事が無くなってしまう恐れもあるため、本人も日々葛藤していることが予想される。

小林麻央の転院先の病院がどこなのか特定されている?

さらに、8月時点の最新情報で
小林麻央さんが入院している病院の情報についても女性セブンが報じていた。

内容によると現在病院を転院しており、これが2回目の転院とのこと。

そして、8月現在入院している病院の情報までもが報じられており
大まかにまとめると

・都心にある
・著名人も多数通う大病院
・セキュリティーが万全
・低侵襲治療でトップクラスの実績

といったように入院先の病院の情報が詳しく記載されていた。
この情報をもとにネットでは新宿区にある
慶應義塾大学病院に転院したのではないかとほぼ特定されているのだ。

この特定が本人にとって良い方向に動くとは到底思えない…。

低侵襲治療とはどのような治療法か

ところで、現在小林麻央さんが入院している病院の情報で
「低侵襲治療でトップクラスの実績」とあるが
この「低侵襲治療」とは一体何なのだろうか。

調べてみると、簡単に言うと患者の体になるべく傷をつけずに行う治療法のことだそうだ。

例えば、抗がん剤を飲んだり、手術を受けたりすると患者に傷をつけたり負担が大きくなるが
近年発達した内視鏡外科手術によって
患者の体に最小限の傷をつけるだけで済むようになり
負担が大幅に改善されるのだとか。

つまり、この低侵襲治療を小林麻央さんが仮に受けているのだとしたら
そういった治療ができるまでに病状が改善してきたとも読み取れる。

約2ヶ月前の記者会見では
手術ができないほど乳がんが進行していることが明らかとなったが
それが改善されたのだとしたら一歩前進したことになる。

スポンサードリンク





市川海老蔵は報道の自粛を要請

小林麻央さんが現在入院している病院について
女性セブンが報じたと記載したが

その報道に対し、市川海老蔵さんは8月7日のブログで以下のように綴っている。

「ちーん くどいですが 再度」

「別の病院関係者、
前出 病院関係者

だから、

どちらの病院なのかしらね…

本当こまる、

もし話してたとしたら

その、病院はあかんよね…

本当、
真剣にやめてください!
セブンさん

真剣なお医者様にも迷惑です。
向き合ってくださる病院の方々にも迷惑ですよ、

そして、
1番迷惑と私感じます。」

約2ヶ月前に開いた会見は
小林麻央さんの病状などを公開する代わりに
マスコミには家族に対する報道自粛を強く求めていたが
それは果たされていないのが現状だ。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る