内田茂は都議会のドンと猪瀬直樹が警告。森喜朗の利権が真の黒幕か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

7月14日に都知事選の公示を迎え、7月31日までの選挙期間に突入した。
候補者の中で注目なのは

自民、公明、こころが推薦の増田寛也氏。
民進、共産、社民、生活の党と山本太郎となかまたち推薦の鳥越俊太郎氏。
そして、自民党の推薦を得られず無所属での出馬となった小池百合子氏。

この3名を中心とした選挙戦になるとみて間違いないだろう。

そんな中、元東京都知事の猪瀬直樹氏が気になる発言をしたことが話題となっている。
それは都議会のドンとされる内田茂氏についてだ。

さらにその先には森喜朗氏が絡む利権構造が都議会にはあるとか。

スポンサードリンク





都議会のドンである内田茂の画像と経歴

内田茂氏(画像)
スクリーンショット 2016-07-14 13.28.39
内田茂氏は千代田区を選挙区に置き

昭和28年 区立一橋中学校卒業
昭和31年 都立九段高校中退
昭和50~平成元年 千代田区議4期
昭和59~60年・63年 千代田区議会議長
昭和63年 特別区議会議長会会長
平成元年~21年 東京都議会議員6期
平成10~11年 都議会自民党幹事長

そして、現在は現東京都連幹事長という立場を担っている人物である。
経歴で高校を中退しているのが少し気になる。

内田茂の息子も政治家だった

内田茂氏の息子の名前は内田直之氏。
内田茂氏も所縁のある千代田区で区議会議員をしている。

しかし、娘婿なので血縁関係は無いのだが
7月5日には以下のような小池百合子氏を批判するツイートをしていた。

時の権力にすり寄り5つの政党を渡り歩いた小池百合子氏。まさに政界渡り鳥。
都連に相談や話もなく一方的な出馬表明。議員や党員が参院選で頑張ってる隙にやるかな?
組織を無視する人が、都庁という巨大組織のトップが務まるとはとても思えません。
自分の事しか考えない点は、舛添氏を彷彿させますね。

なお、このツイートは現在削除されているものの多くの批判を受けたとのこと。

猪瀬直樹と内田茂の関係

猪瀬直樹氏が副知事に就任してすぐの2007年秋のこと。

東京都が千代田区に参議院の議員宿舎建設を予定していたのに対し
「それはおかしい」と主張し、中止を求めた。

猪瀬直樹氏の働きがけによって、議員宿舎建設は中止に追い込まれたのだが
これに不満を持ったのが内田茂氏だった。

議員宿舎建設場所の千代田区は内田茂氏のお膝元。
計画中止のせいで、内田茂氏のメンツは丸つぶれになったためだ。

内田茂が都議会のドンと言われる理由

内田茂氏が担っている東京都連幹事長というポストは
石原伸晃氏の東京都連会長というポストよりも下に見られがちだが

実際の公認権を持っているのは内田茂氏だという。

さらに、上記の議員宿舎建設計画が中止になった際
当時都知事を務めていた石原慎太郎氏でさえも、内田茂氏に頭を下げていた。

それほど彼の持つ影響力は大きいため、都議会のドンと呼ばれているのだ。

内田茂は現職都議を自殺に追いやった?

2011年、現職都議が自殺をするという事件が起きた。
名前は自民党都議の樺山卓司さん。

実はこの事件の背景には政治が絡んでいたとされている。
当時の都議会は自民党公明党が野党で与党を1議席上回っている状態。
そんな中、民主党が掲げる築地市場移転計画や新銀行東京の審議が行われていた。

ここで、仮に自民党の議席が1つ失われると決定権は議長の判断となる。
当時、議長を務めていたのは民主党だ。

そして、採決が行われる朝に樺山卓司さんの遺体が発見されたのだ。
この遺書とともに。


そこにはしっかりと「内田茂」の文字が書かれており
何かしらの圧力があったことが読み取れる。

都議会のドンの先には森喜朗の利権が絡んでいる?

そんな都議会のドンの内田茂氏の裏には森喜朗氏の利権が絡んでいるとの情報もある。

それは東京五輪組織委員会で会長人事について森喜朗氏の名前が急に浮上したのだが
「組織委は東京都とJOCで決める」
「森元首相の話はどこから出たか知らないが、全然議題に上がっていない」
と当時都知事だった猪瀬直樹氏が否定。

しかし、この後すぐに徳洲会事件が表面化したことにより
内田茂氏を中心とする都議会自民党によって猪瀬直樹氏は辞職へと追い込まれたのだ。

そして、結局東京五輪組織委員会の会長は森喜朗氏が就任。
しかし、予算拡大、国立競技場の白紙撤回、エンブレム問題など
トラブルが起き、現在でも山積みとなっている。

スポンサードリンク





小池百合子の都議会の透明化に期待の声も

小池百合子氏は会見で政策を発表し
「都政の透明化」を1点目に訴えている。

都政、都議会がブラックボックス化しているのは現職都議の
音喜多駿議員も問題点として挙げているほど。

もし、これを実現するとなれば都議会のドン、内田茂氏と
利権に絡む森喜朗氏にも大きく影響するだろう。

しかし、内田茂氏から都知事選に関してこのような命令書が。


まず、都知事になって政策を進めるためには都議会を見直さないといけない。
このことを頭に入れておく必要がありそうだ。

【関連記事】

内田茂が山口組と義兄弟との噂。東光電気工事の役員と文春が報じ、非難が集中する事態に


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る