山崎友里江がNHK室蘭放送局の現役女子アナで高田陽子が誰か特定される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

週刊文春と週刊新潮がNHKの現役女子アナウンサーが
「愛人マッチングサービス」を謳う高級クラブXに登録していたとスクープした。

週刊文春ではその人物について高田陽子さんという仮名で本名は伏せられているものの
ネットではこの人物が誰なのかすでに特定されており

NHK室蘭放送局の山崎友里江アナであることが判明している。

スポンサードリンク





NHK室蘭放送局の現役女子アナ、山崎友里江の画像とプロフィール

最初に、山崎友里江アナがどのような人物なのかをご紹介していきたい。
まず、山崎友里江アナの画像がこちら。


出身地は東京都三鷹市の25歳。
2015年にNHK室蘭放送局に入局し、正規のアナウンサーではなく
契約アナウンサーとして職務を全うしていた。

趣味はお花とお散歩とお風呂。

平日夕方の情報番組「ほっとニュース北海道」に出演していたとの情報があり
放送時間は毎週月曜~金曜の午後18:10〜19:00。

山崎友里江アナはどうしてもアナウンサーになりたいと様々な放送局を受けるも内定をもらうことができず
やっとの思いで受かったのが北海道の中でも田舎である室蘭の契約アナウンサーで
NHK地方アナウンサーでありながら、キャリアアップを夢見ていた現役女子アナウンサーの一人だったのだろう。

山崎友里江のページがNHK室蘭放送局のホームページから削除でクビか

NHK室蘭放送局の公式ホームページの中でアナウンサー紹介ページにアクセスすると
「リニューアル中」と表示され、山崎友里江アナのページが閲覧できない状態となっている。

これは今回の週刊文春と週刊新潮の報道を受けてNHK側が削除をしたとみて良いだろう。
上記でも紹介した通り、山崎友里江アナは契約アナウンサーという立場なので
今回の報道によって契約を切られた可能性も十分に考えられる。

山崎友里江、愛人マッチングサービスへの登録を認める

週刊文春が山崎友里江アナに
愛人マッチングサービスに登録しているかを尋ねると
「登録しました」と素直に認めたとのこと。

愛人マッチングサービスとは男性、女性がそれぞれクラス分けをされており
男性はより多くの入会金を支払うことでクラスの高い女性を選択できるシステムだ。

好みの女性を見つけたら数万円支払うことでマッチングしてデートへ。
その後は二人の行動に制限はなく、場合によっては男女の関係に発展することも多いそうだ。

また、男性は年会費も払い続けなければならない。
この金額も入会金とほぼ同じ金額のため
お金をたくさん持っている男性が有利なシステムとなっているのだ。

山崎友里江が登録していた高級クラブXは「Universe Club」か

山崎友里江アナが愛人マッチングサービスで登録していたホテル名は
高級愛人クラブは日本全国に支店を持つ「X」として伏せられているものの
ネットでは特定の動きを見せており、現在名前が挙がっているホテル名は「Universe Club」だ。

「Univers Club」は札幌、仙台、大宮、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡など全国展開をしている。
さらに週刊文春の中で高級クラブXについて

男性会員は支払う年会費に応じて4段階にクラス分けされている
最高クラスの場合、入会金30万円
そのほかに女性とのデートセッティング費用(2万~10万円)

との記載があるのだが「Univers Club」のホームページを見ると
これらの条件に全て当てはまっていることがわかる。
スクリーンショット 2016-07-12 2.02.39
引用:Universe Club ホームページより

スポンサードリンク





ネットの反応

こんな所に登録して、顔出す仕事なのにバレないと思ったんだろうか。
本人は、実はずっと怖かったんじゃないかな。
どれほどお金に困っても、こういうバイトはダメだよ。

色んなビジネスがあるけど…
今の子供達が大人になった時代を考えると人の心はどうなってしまうのかな︎

これはデートしたのはよいが最後までいけなかって恨みに思った男がたれ込みしたと思います!

NHKのアナウンサー、スゴイね
先日は不倫現場激写!もあったし
自分はバレないと思っているんだろうね

別にいいんじゃない?
会社の副業規定には反するかもしれんけど。
それより、登録してる男の方も気になる。
芸能人やスポーツ選手。議員に大手企業の役員とかゴロゴロいそうだね。

現役女子アナウンサーが愛人マッチングサービスに登録していたという
今まであまり聞いたことがない今回の不祥事。

愛人マッチングサービスのようなサービスがあることすら知らなかったが
この現役NHK女子アナは契約アナウンサーだったことや地方局で勤めていたということもあり
本来描いていたアナウンサーのイメージや収入面の問題などから
このような行為に及んでしまったのだろうか。

しかし、多くの人に顔を知られるアナウンサーがこう言ったサービスを利用すれば
いずれ発覚してしまうことくらい想定できたはずだが。
本人がどのような考えを持ってやっていたのかは不明のままだ。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る