【台風1号2016】米軍、気象庁の進路予想。沖縄や日本列島横断の可能性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

7月3日に発生した2016年最初の台風1号。

現在、沖縄の南付近を進行しており
勢力も非常に強い台風であると発表されているため注意が必要である。

そんな台風1号の米軍、気象庁の進路予想の紹介と
日本列島横断の可能性はあるのかをまとめてみた。

スポンサードリンク





2016年台風1号 米軍の進路予想

台風1号について米軍合同台風センターが発表した進路予想がこちら。
スクリーンショット 2016-07-06 15.51.40
米軍発表の進路予想を見ると
7日から8日にかけて台風1号が沖縄に上陸して
その後、方向が北東に変わっているのがわかる。

2016年台風1号 気象庁の進路予想

続いて台風1号について気象庁が発表した進路予想がこちら。
スクリーンショット 2016-07-06 15.50.30
上記の米軍の進路予想と比較すると東に来る予想はまだ発表されていないようだが
おそらく、気象庁も米軍の発表と同じ進路予想を発表するのではないかと推測する。

2016年台風1号は7年ぶりに「非常に強い」勢力へ発達も

2016年最初の台風である1号は「非常に強い」勢力に発達すると予想されている。
この「非常に強い」というのは

「猛烈な」 最大風速が54m/s(105ノット)以上
「非常に強い」 最大風速が44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満
「強い」 最大風速が33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満

と台風は3階級に分けられるのだが
その中で2番目に強いということである。

また、「非常に強い」台風は台風1号としては9年ぶりとのことで
最新の気象情報を確認するなどのしっかりとした対策が必要だ。

2016年台風1号の沖縄への影響

沖縄では7日〜9日にかけて大荒れの天気になることが予想されている。

物が飛ばされることが予想されるため
外に置いてあるものは家の中にしまったり
いざという時のために非常袋の確認や避難経路の確認をしておくと良い。

必ず台風が来る前に対策することを忘れずに。

スポンサードリンク





2016年台風1号 日本列島横断の可能性

米軍発表の進路予想を見ると、台風1号が日本列島を横断してきそうだが実際はどうなのだろうか。

実は上記とは別にヨーロッパ中期予報センターが台風1号の進路予想を発表しており
そこでは、日本横断の可能性はなくなったとの進路予想を発表している。

米軍も気象庁もおそらく、日本横断の可能性はないと発表すると思われるが
仮に台風1号が来なかったとしても8日以降は局地的な雨雲や雷雲が
台風1号の影響によって発達すると予想されているため注意が必要である。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る