全日空857便ハイジャック事件の犯人の名前。告井延隆が事件解決に貢献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1995年6月21日に起きた全日空857便ハイジャック事件。
今からおよそ21年前に起きた日本を震撼させた大事件が
6月30日放送の「アンビリバボー」で紹介される。

この事件の犯人の名前については
「コバヤシサブロウ」という名前が出てくるが、果たしてこれは本名なのだろうか。

また、この事件解決に大きく貢献したのが
アーティストの加藤登紀子さんと一緒に搭乗していたバンドメンバーの
告井延隆(つげい のぶたか)さんだった。

スポンサードリンク





全日空857便ハイジャック事件の発生

1995年6月21日11時45分
東京国際空港(羽田空港)発、函館空港行きのANA857便が
離陸後山形県上空にて一人の男によってハイジャックされた。

その男はオウム真理教の信者であることと
プラスチック爆弾とサリンを持っていることを告げる。
オウム真理教は当時、地下鉄サリン事件で強制捜査を受けていた。

乗員・乗客365人が人質となり、857便は函館空港に緊急着陸した。

全日空857便ハイジャック事件の犯人の要求

オウム真理教信者を名乗る犯人は麻原彰晃の釈放と
燃料補給、羽田空港へ戻るよう執拗に要求した。

さらに機内の乗客に対し、口と目に粘着テープを付け
乗客の解放や食料の補給などをすべて拒否した。

また、犯人は直接要求するのではなく客室乗務員を通じての要求で
警察からの直接交渉に一切応じなかった。

告井延隆によって全日空857便の機内の様子が明らかに

全日空857便にはアーティストの加藤登紀子さんとそのバンドメンバーが搭乗していた。
そして、そのバンドメンバーの一員であった告井延隆さんが機内の様子を警察に伝えることに成功する。

その方法は隣に座っていた加藤登紀子さんの女性マネージャーに新聞紙を渡す。
しばらくして新聞紙を返してもらうとそこに携帯電話が包まれていたのだ。
告井延隆さんは携帯電話を持っていなかったため
女性マネージャーは新聞紙を渡されただけで告井延隆さんが何をしたいのかを察知したのだ。

その後、告井延隆さんはトイレの中に入って警察に連絡し、犯人が一人であることを伝えた。

告井延隆さんも目隠しをされていたのだが、わずかに隙間を作っており
中の状況を常に確認していたため、正確な状況を伝えることができたのだ。

全日空857便ハイジャック事件の結末。SATを動員し強行突入へ

犯人が一人であることや乗客の体力が限界に近づいていると判断し
事件発生から15時間後の1995年6月22日3時42分
北海道警察機動隊銃器対策部隊(SAT)が3方向より機内に強行突入し犯人を無事に確保。

その後の調べで
男の言っていたサリンは実際はただの水だったことや
オウム真理教とは一切関係ない人物だったことが明らかとなっている。

スポンサードリンク





全日空857便ハイジャック事件の犯人の名前はコバヤシサブロウ?

警察は男がハイジャックしている間、乗客名簿から犯人の特定をしていた。
その乗客名簿に記載されていたのがコバヤシサブロウだったと発表している。

しかし、これは偽名であることが判明しているものの
犯人の実名については現在も公開されていない。

犯人の情報と実名公開されないのはなぜ?

犯人の情報として明らかになっているのは

・年齢は当時53歳
・東洋信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)行員だった
・精神疾患を患っており、休職中だった

これらの情報しか明かされていない。
また、実名公開されない理由としては精神疾患を患っていたためだと思われる。

犯人の現在

犯人は事件後の1997年3月21日に懲役8年と全日空への損害賠償5,300万円が命じられている。
犯人は控訴したものの第一審より重い懲役10年が言い渡されることとなった。

そのため、現在は既に出所していてどこかで生活しているものと思われる。
となると、現在は74歳だが精神疾患は治ったのかも不明なので
また新たな事件を起こさないことを祈るばかりである。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る