久保田和真が逮捕か。フライデーにさやかへの暴行暴かれ九電工クビも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1月26日の夜、知人女性が女性宅で男性から暴行を受けて被害届を提出した。
その相手は青学大箱根優勝メンバーとしか報道されてないが
青学大箱根優勝メンバーの誰なのか調べてみると

現在、九電工に所属する久保田和真さんであることが判明している。

また、この件はフライデーの4月29日号に掲載されているが
その内容をご紹介していきたい。

スポンサードリンク





久保田和真とさやかの関係

久保田和真さんから暴行を受けた女性(さやかさん)との出会いは
昨年10月下旬のこと。

さやかさんが駅伝ファンである友人に誘われて出雲駅伝を見に行った際に
選手として出場していた久保田和真さんに一目惚れ。

その後、ファンレターを送ったところ返事が届き
11月の10000mの記録会で二人は初顔合わせをした。

久保田和真とさやかは男女の関係に

それから二人はLINEでやり取りを交わし
箱根駅伝が終わった1月15日に新宿で初デートをした。

その時に久保田和真さんが「ずっと一緒にいよう」と言い
その言葉に感銘を受けたさやかさんは7〜8万円もする時計をプレゼントする。

そして、1月25日にはさやかさんの自宅マンションでお泊まりをして
男女の関係へと発展していった。

久保田和真が豹変?さやかが警察へ相談する事態に

順調な交際に思われたが状況が一変する。
1月25日のデートの翌朝、久保田和真さんの態度が一変したのだ。

LINEで
「まだ正式に交際していないのに
昨晩の行為はおかしかったんじゃないの?」
とさやかさんに送ってきたのだ。

この言葉にさやかさんは
「遊びならこの前あげたプレゼントを返して」
と送ったが

「別に金目当てではない。
金目当てならこのままの関係保っていた方が得なんだけどね笑」
との暴言を吐いた。

こうした言葉に動揺したさやかさんだが
このLINEのあと、久保田和真さんがさやかさんの自宅マンションに戻ってきて
「さっきのは嘘。正式に付き合ってほしい」と言ってきたのだ。

あまりの二転三転する久保田和真さんの言葉に
さやかさんはもちろん断った。

すると久保田和真さんが激怒して
さやかさんに暴行を加えて2週間程度の怪我を負わせたのだ。

2月になると久保田和真さんは着信拒否の状態に。
さやかさんが
「怪我をさせてお金を払わず謝罪すらしないなんて犯罪だ」
とメールを送ると

「こっちは青学ブランドを守る人たちがいる。
これ以上何かするなら法的措置を検討する」
と信じられない内容の返信が返ってきた。

そして3月に入り、さやかさんは警察に相談し
久保田和真さんは直接謝罪したものの
少し笑みを浮かべながらの謝罪で誠意は感じられなかったそうだ。

フライデーの人物が久保田和真である理由

フライデーには「エースA」と記載されており
名前自体は伏せられていた。

情報としては

現在22歳で今年から会社勤め
青学の四天王の一人
陸上界きっての爽やか系イケメン
関西弁ぽい話し方

これらがエースAの情報である。
青学の四天王といえば

神野大地さん
小椋裕介さん
一色恭志さん
久保田和真さん

しかし、途中で実名が記載されていたようで
久保田和真さんがエースAの正体だと暴かれたようだ。

スポンサードリンク





久保田和真は逮捕で九電工をクビに?

上記のフライデーは4月29日号に掲載されたものだが
6月21日のニュースで同件について傷害容疑の立件を視野に
警察が捜査していることが判明した。

フライデーの内容が真実なら逮捕も十分考えられる。
さやかさんは2週間程度の怪我を負っているため
単なる暴力という問題ではない。

そして、逮捕されれば当然現在所属している九電工も面倒を見ることができず
クビになってしまうだろう。

まとめ

久保田和真さんがもともとこういう性格だったのかわからないが
箱根駅伝で活躍し、イケメンとしても注目を浴びて
社会人でも陸上を続けていたということで
今後のエースになっていたかもしれない存在だ。

そうでありながら、このような事件を起こしてしまったのは非常に勿体ないと感じる。
特に青学は監督と選手がともに生活をしているため
教育も徹底していたイメージが強いだけに
こうした事件が起きてしまったのは非常に残念である。

しかし、被害に遭われた方が少しでも納得のいく結果になることが一番なので
この問題は徹底的に追及してほしい。

【関連記事】

久保田和真のLINE画像が現在流出。内容が想像以上にヤバかった


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る