小林麻央のホスピスはどこか。築地、東大?そもそもホスピスに入院したのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
treatment-1327811_640

先日、市川海老蔵さんの会見で
乳がんであることが明らかとなった小林麻央さん。

状態も「深刻」とのことで多くの人が心配しているが
そんな中、市川海老蔵さんのブログで
小林麻央さんが再入院したことが明らかとなったのだが

その入院先が築地や東大のホスピスではないかと噂されているが
小林麻央さんは本当にホスピスに入院したのだろうか。

スポンサードリンク





小林麻央さんが入院したと噂される「ホスピス」とは何か

ホスピスという言葉はあまり聞き慣れなかったため調べてみると

ホスピスとは死が近い人の肉体的、精神的な苦しみを
緩和する病院や施設のことだそうだ。

小林麻央さんがこのホスピスに入院しているのではないかという
噂が広まっている要因として

余命が数ヶ月しかないのではないかという噂が広まっていることが
背景にあると考えられる。

そんな中、市川海老蔵さんが6月13日に
「今日から私は京都 今日からしばしば入院」という
ブログが投稿されたため

余命が短い=ホスピスに入院という認識がされているようだ。

小林麻央が入院したホスピスは築地、東大など特定が進む

小林麻央さんがどこの病院のホスピスに入院したのか
ネットではかなり特定されてきているようで

築地の国立がんセンター
東大医学部附属病院

などが挙げられているようだ。

しかし、私個人の意見としては他の記事でも書かせていただいたが
こうした入院先の病院名の特定は好ましくないと考えている。

病院名が特定されることでマスコミ以外の他人の目を
小林麻央さんは気にしなければならなくなる。

ただでさえ深刻な状況なのに
これ以上負担をかけるのはあまりにも酷なのではないかと思うからである。

そもそも、小林麻央は本当にホスピスに入院したのか

市川海老蔵さんがブログに投稿した
「今日から私京都 今日からしばしば入院」という言葉からは様々な意味が読み取れる。

私はこの文面から小林麻央さんが入院する理由は
市川海老蔵さんが京都で仕事があり
面倒を見られる方がいないためだと推測する。

小林麻央さんは入院ではなく通院していたことが明らかとなっており
現在の状態は安定していると思われるが
もし一人の時に何かあったらという意味も込めての入院なのではないだろうか。

また、小林麻央さんの状態がホスピスに入院するほど深刻でないという願いも込めて
小林麻央さんはホスピスに入院していないと推測した。

スポンサードリンク





ホスピスの1日の流れ

最後に今回触れたホスピスに入院する方が
どのような1日を過ごしているのか一例をご紹介したい。

午前中は8時に朝食をとり
それ以外は決められたことは特になし。

しかし、人によっては
何時に薬を飲まなければならないなどの決まりがある。

さらに毎回ではないが主治医の回診も行われる。

9時から10時に看護婦さんに1日の希望を伝える。
(散歩をする、体を拭くなど)

午後は12時に昼食をとり
午後も特に決められたことはなく、自由に時間を過ごせる。

夜は18時に夕食をとり
薬を服用する際や歯磨きの時などにナースコールをする程度。

だいたいこのような流れなので
ホスピスの1日はとても自由な時間が長いそうだ。

読書や面会などで時間を潰せれば良いが
何もすることのない人にとっては退屈な時間となってしまうため

家族や友人などの面会が貴重な時間だとのこと。

費用は特別な金額が発生するわけではなく
入院の費用と変わらないそうだ。

小林麻央さんがホスピスに入院、あるいはそうでなかったとしても
入院しているということには変わりないため
このような生活をされているのではないだろうか。

面会は姉の小林麻耶さんがよく訪れているのではないかなど
いろいろと想像してしまうが

何とか良い方向に状況が傾くことを祈っている。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る