舛添要一の出版社社長は誰?元新聞記者の芹澤邦雄は嘘で家族が鍵を握っている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

東京都知事の舛添要一氏の公私混同問題は連日のように取り上げられているが
その中で特に関心が高いのがホテル三日月での家族旅行疑惑。

本人は会議をしたと説明していたが
その人物についての発言は控えられたままであった。

しかし、その人物について舛添要一氏が発言し
「元新聞記者で出版社社長」ということが判明した。

その情報からネットでは
株式会社トレンドシェアの芹澤邦雄氏であると推測されているものの
すでに亡くなっている方だったのだ。

これは亡くなった方を利用したということなのだろうか。
だとすると鍵を握っているのは芹澤邦雄氏の家族ではないか。

スポンサードリンク





舛添要一と会っていた出版社社長が元新聞記者の芹澤邦雄である理由

舛添要一氏がホテル三日月で会っていた人物について口を開いたのは
6月6日に開かれた第三者調査結果報告会見だった。

そこで「Mr.サンデー」がその人物は誰なのかを特定するために調査を開始した。

舛添要一氏が本を出版した際に深く関わったとされる
33社の出版社に対して調査が行われ

そして、出版社社長が元新聞記者である人物が二人に絞られた。
一人は「お答えする立場にございません」と回答し
もう一人は既に亡くなってたことが判明したのだ。

取材を進めていく中でこの亡くなった人物が
舛添要一氏が言う元新聞記者で出版社社長である可能性が高いという結論に至ったのである。

舛添要一の出版社社長で元新聞記者の名前は芹澤邦雄

「Mr.サンデー」では名前が伏せられていたが
この人物が誰なのかネットでは特定されており

株式会社トレンドシェアの芹澤邦雄氏である。

芹澤邦雄氏は元サンデージャポンの編集局局次長で
競馬雑誌「ギャロップ」の初代編集長を務めている。

ちなみに舛添要一氏も大の競馬好きで
自身でも7頭の馬を所持しているほどだ。

株式会社トレンドシェアの所在地は東京都港区赤坂にあり
舛添要一氏もトレンドシェアで勉強会を開いていたことが明らかになっている。

出版社社長で元新聞記者の芹澤邦雄は既にに亡くなっていた

舛添要一氏の言う出版社社長で元新聞記者が芹澤邦雄氏と判明したのなら
本人を直撃すれば真相解明に前進するかに思われたが

なんと、芹澤邦雄氏は2015年11月9日に
急性くも膜下出血で亡くなっていたのだ。(享年70歳)

ちなみに舛添要一氏が公私混同問題となっている
ホテル三日月の利用は2013年と2014年の1月。

死因が急性くも膜下出血であるため病気を患っていなかったことと
亡くなった時期的にもホテル三日月で会議をしていた相手として
問題ないように思われる。

出版社社長で元新聞記者の芹澤邦雄が通う女将の証言で一転

「Mr.サンデー」が芹澤邦雄氏について調べると
ほぼ毎日通っていたという小料理店にたどり着く。

そこの女将に話を伺うと
「会っている可能性はゼロに近い。
木更津なんて話は聞いたことがなく
正月はいつも家族で横浜で過ごしていたようなので」
と取材で答えている。

また、「政治にも疎いほうだった」と答えており
舛添要一氏は会見で
「今後の政治家の在り方について相談した」としていたが
その可能性は低く、女将の証言によって否定されたこととなる。

舛添要一が芹澤邦雄の葬儀に。女性Xの存在も明らかに

さらに女将の証言から
芹澤邦雄氏の葬儀には舛添要一氏も参列していたとのこと。

そしてその葬儀を仕切っていた女性Xの存在も明らかとなった。

この女性Xの名前とは吉川美鈴氏
株式会社エァクレーレンの代表取締役である。

実はこの吉川美鈴氏は以前存在していた舛添要一氏の政治団体
「改革国際フォーラム」の会計責任者だったのだ。


この事実が判明し「Mr.サンデー」が吉川美鈴氏に取材すると
「覚えていない。
ご飯も一緒に食べたことがなく
私生活もよくわからない」と回答した。

また、ホテル三日月の件にも触れ
「正月は秘書といたのではないか。
ただ、秘書は口が軽い人なので名前が挙げられず
出版社社長にした可能性もある」と回答した。

スポンサードリンク





芹澤邦雄の家族が鍵を握っている?

仮に芹澤邦雄氏が正月に舛添要一氏と会っていたとするならば
芹澤邦雄氏の家族の証言を得られれば真実を追求することができる。

しかし、家族までは取材をしたという情報は入ってきていない。

芹澤邦雄氏家族について調べてみると明確な情報ではないが
洋明(ひろあき)さんという長男がいる可能性が高い。

もし、家族に取材して横浜で過ごしていたという証言が出た場合は
舛添要一氏の言う出版社社長で元新聞記者は芹澤邦雄氏ではないということになる。

とすると、舛添要一氏は結局誰とも会っていなかったということになり
芹澤邦雄氏は既に亡くなっているため
口実合わせに利用された可能性が高いのだ。

【関連記事】

【都知事選 候補者 2016】舛添要一の後任は誰なのか候補者予想一覧

舛添要一の出版社社長は誰?元新聞記者の芹澤邦雄は嘘で家族が鍵を握っている

森本哲也弁護士の経歴や実績。「まとも」との声が多数を占める

佐々木善三弁護士の経歴や実績がヤバい。逆ギレで火に油を注ぐ結果に

舛添要一の第三者は誰か。第三者の厳しい目は週刊文春だとの声も

舛添要一は逮捕の可能性も。百条委員会設置が大きな鍵を握っている?

舛添要一は韓国人で母や嫁も?朝鮮飲みをしている画像が話題に

舛添要一の辞任は6月1日か。橋下徹が都知事に立候補との声も

舛添要一の嫁、雅美が創価学会幹部である決定的な証拠が発覚か。

舛添要一の子供は障害?年齢と通う学校を調べるとさらに衝撃の事実も…


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る