野村宏伸は田原俊彦と再会し、干された状況から脱出した真相とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1988年に放送されたドラマ
「教師びんびん物語」で榎本役としてブレイクした
俳優の野村宏伸さん。

当時、人気絶頂のアイドルだった田原俊彦さんと共演していたが
ある事を境に野村宏伸さんは干された状況に。

その原因は田原俊彦さんとも言われているが
再会によって野村宏伸さんのピンチを救っていたのだ。

スポンサードリンク





野村宏伸のブレイクは田原俊彦に便乗した形だった

「教師びんびん物語」は最高視聴率が24.9%にも及ぶ
大ヒットドラマであった。

その要因としては主演を務めていた田原俊彦さんの影響が大きい。
なんでも当時の人気ぶりは全盛期の木村拓哉さんを上回るほどだったとか。

その田原俊彦さんの後輩役として出演していた野村宏伸さんは
人気に便乗した形でブレイクしていったのであった。

「教師びんびん物語」は大ヒット作品となったため翌年1989年には
続編である「教師びんびん物語Ⅱ」が放送され、視聴率は30%を超えた。

この時、野村宏伸さんは
「一度成功したら一生安泰だ」という甘い考えを持っていた。

野村宏伸が干された状況に。田原俊彦が原因ではない

「教師びんびん物語Ⅱ」の大ヒットにより
「教師びんびん物語Ⅲ」の制作の話が持ち上がる。

しかしそんな中、田原俊彦さんがある騒動を引き起こしたのだ。
それは所属していたジャニーズ事務所と揉めて独立するというものであった。

当時から強い力を持っていたジャニーズ事務所を敵に回したということで
田原俊彦さんは干された状況に。
もちろんこの騒動で「教師びんびん物語Ⅲ」の制作は完全に無くなってしまったのだ。

さらに田原俊彦さんの発言が本人が意図しない形で報道され
大バッシングを受けた「BIG発言騒動」も発生し、田原俊彦さんは窮地に立たされていた。

野村宏伸さんは田原俊彦さんの人気に便乗していた形であったため
「教師びんびん物語」の制作がなくなった結果、ともに干されたとの見方が強かった。

しかし、これは間違っていた。

「教師びんびん物語Ⅲ」の出演オファーは野村宏伸さんの元に来ていたのだが
野村宏伸さんはこれを断っていたのだ。

その理由としては演じていた榎本役のなよなよした性格と
自分本来の性格とは違うのに、世間がそれを求めたこと。

こうしたイメージの定着が野村宏伸さんには大きな負担となっていたようだ

また、「一度成功したら一生安泰だ」という考えが
野村宏伸さんのこうした行動を駆り立てたのであった。

つまり、田原俊彦さんがジャニーズ事務所から
独立する騒動を起こしていなかったとしても

野村宏伸さんは出演オファーを断っていたため
田原俊彦さんが干された原因ではなかったのだ。

スポンサードリンク





田原俊彦との再会が野村宏伸を救っていた

野村宏伸さんはそれ以降、仕事がほとんどなくなっていき
40歳の2005年頃にはほぼ無職の状態になり、アルバイト生活をしていた。

そんな中、とある仕事が飛び込んでくる。
それは田原俊彦さんが出演している「爆報フライデー」だ。

そして、2012年3月30日に放送された回で約10年ぶりの再会を果たしている。

「教師びんびん物語」のロケ地、昭和第一高等学校の思い出の校庭で再会し
2人は思い出の食堂で語る様子が放送された。

さらに、その再会の放送を見たディレクターが野村宏伸さんにドラマ出演のオファーをした。
それは2013年TBSで放送されたドラマ「とんび」だ。

しかし「ダイエットすること」という条件付き。
だが、野村宏伸さんはこのオファーを受けたいという一心でダイエットをし
3ヶ月で17kgものダイエットに成功し、見事役を勝ち取ったのだ。

のちに野村宏伸さんは田原俊彦さんについて
「トシちゃんのおかげで人気になり
トシちゃんのおかげで復帰できた」と語っている。

それだけあの再会は大きかったのだ。

また、「一度成功したら一生安泰だ」という考えを改め
干された状況から脱出し、仕事ができる喜びをかみしめているという。

この考え方は役者だけではなく
様々な仕事に参考にできるものがあるだろう。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る