モハメドアリの病気と死因はパーキンソン病か。つい先日入院したばかりだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

世界的に有名なボクシング界のレジェンド
モハメドアリが亡くなったと発表された。

つい先日、呼吸に関する問題で入院したとの報道があったばかりで
突然の訃報に驚きの声が挙がっている。

死因は病気として患っていたパーキンソン病が原因とも言われているが
実際どうなのだろうか。

スポンサードリンク





モハメドアリは以前から病気(パーキンソン病)を患っていた

モハメドアリが病気としてパーキンソン病を患っていたのは
以前からも報じられていた。

パーキンソン病を患った要因としては
ボクサーとして現役時代に受けた頭部へのダメージが
影響しているとされている。

モハメドアリの死因もパーキンソン病によるものか

6月2日に入院したとのニュースが流れたが
その際に
「呼吸に関する問題で入院した」と報道があった。

この呼吸に関するものというのは
パーキンソン病が影響していると思われ
死因として十分該当するのではないかと推測する。

モハメドアリの病気と死因と思われるパーキンソン病とは

パーキンソン病は脳からの指令が体に上手く伝えることができず
体を思った通りに動かせなくなる病気である。

症状は人によって様々で
時間をかけて徐々に改善する人もいれば
違和感がありながらもゆっくりなら体を動かせる人もいる。

さらに体を思い通りに動かせなくなるだけでなく
手や足の震えなども起きてしまう病気なんだとか。

モハメドアリは74歳という年齢もあり
重度のパーキンソン病を抱えた結果
呼吸器系の機能にも障害が生じて
それが結果的に死因になってしまったのではないかと考えられる。

スポンサードリンク





まとめ

モハメドアリはヘビー級の戦い方を変えたとも言われている。

ヘビー級といえばとにかく力任せの勝負が定番だったが
モハメドアリは華麗なフットワークと鋭いジャブを武器にする
アウトボクシングを持ち込んだとされているのだ。

プロでの戦績は56勝5敗(37KO)という驚異的な数字で
世界的に有名なボクサーだった。

死因は病気として患っていたパーキンソン病なのか
詳しい情報が入り次第更新したい。

最後にモハメドアリのご冥福をお祈りいたします。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る