飯塚亜沙美さん(狛江市)の事件が理不尽すぎる加害者に同情の声が集まり話題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

6日未明に東京・国分寺市で起きた自転車と乗用車の接触事故。
生後7ヶ月の子供をおんぶさせて自転車をこいでいた女性が
道路を横断しようとしたところ
後ろから来た乗用車にはねられ、子供は命を落としてしまったという事件。

乗用車の運転手、飯塚亜沙美さん(狛江市)が過失運転傷害の疑いで
現行犯逮捕されたのだが、ネットでは飯塚亜沙美さんに同情の声が集まっている。

私もこの事件の内容を知って
飯塚亜沙美容疑者と呼ぶのは可哀想だと感じ
今回、飯塚亜沙美さんという表記にさせてもらった。

スポンサードリンク





飯塚亜沙美さんが起こした事件の内容

今回の事件の内容を紹介したのが下記のツイートである。


文字にすると現場は横断歩道のない片側一車線。
女性の自転車は信号待ちをしていた車の間をすり抜けて
横断しようとしたところ、飯塚亜沙美さんの運転する乗用車と衝突した。

飯塚亜沙美さんが起こした事件に対するツイッターの声


この他にも運転手に同情する声が圧倒的に多かった。

スポンサードリンク





まとめ

今回の東京・国分寺市で起きた事件。
車を運転する方なら誰もが
飯塚亜沙美さんの立場になっていたと言っても過言ではない。

しかも、ある母親のツイッターの投稿によると
生後7ヶ月でも自分で座ることができるとのこと。

子供を乗せるための自転車を購入し、後部座席に座らせ
ヘルメットを被らせることも可能だったという証言だ。

今回の事件では赤ちゃんがもしヘルメットを被っていれば
命が助かったかもしれない。

今後、飯塚亜沙美さんがどうなってしまうのか何とも言えないが
車を運転する人なら決して他人事とは言えない事件なため
今後の展開に注目である。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る