立浪仁志(ハイスタンダード)の経歴やプロフィールは?脱税で告発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

テレビ番組制作会社ハイスタンダードの代表を務める
立浪仁志(たつなみひとし)社長が脱税をしていたとして
東京地検に告発された。

ハイスタンダードは人気番組「モニタリング」を手掛けており
立浪仁志社長はおよそ2億7000万円の所得隠しをして
法人税およそ7,100万円を脱税していたとのこと。

そんな立浪仁志社長とはどんな人物なのか。
経歴、プロフィールをご紹介したい。

スポンサードリンク





立浪仁志の経歴とプロフィール

1970年8月25日生まれの45歳。
出身地は東京都墨田区。

出身高校は都立城東高校で
出身大学は成蹊大学。

元日本テレワーク(現ネクステップ)のディレクターで
2007年に複数のスタッフとともに
株式会社HI-STANDARD(ハイスタンダード)を設立した。

今までに携わった番組は

ネプリーグ
金曜日のキセキ
がっちりマンデー
TBSやフジテレビの特番など。

以上が立浪仁志社長の経歴、プロフィールである。

スポンサードリンク





立浪仁志が行った脱税の手法は?

およそ2億7000万円の所得を複数のディレクターに
架空の番組制作費を支払う形で少なく偽装し

その偽装した資金を立浪仁志社長が各ディレクター名義の口座で管理していた。

脱税期間は2014年12月期の2年間だと判明している。

まとめ

脱税をした立浪仁志社長の経歴やプロフィールを中心にご紹介した。

また本人のツイッターアカウントも存在しており
更新は2013年で止まっているものの


このようなツイートが見られ
番組制作に対する熱のある方なんだということがなんとなく伝わる。

しかし、モニタリングが好調な結果
お金に目がくらんでしまったということだろうか。

現在は既に脱税分の税金は支払ったとのことだが
モニタリングは個人的にも好きな番組の一つなだけに
番組制作に影響が及ばないことを祈りたい。


スポンサードリンク





スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る