大麻使用のスノーボード選手は誰か。角野友基と稲村奎汰で名前が特定か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2014年ソチ五輪スノーボード日本代表の2名の選手が
昨年12月のアメリカ、コロラド州の遠征の際に
大麻を使用していたことが判明した。

大麻を使用した2名の選手はどちらも未成年ということで名前は公表されていないが
ネット上では誰なのか調査されており
角野友基(かどのゆうき)選手と稲村奎汰(いなむらけいた)選手の名前が挙がっている。

【追記】
稲村奎汰選手が大麻使用に関わった可能性が高いと記載したが
本人がツイッターとフェイスブックで否定をしているため
関与していない可能性が極めて高くなった。

スポンサードリンク





角野友基と稲村奎汰が大麻使用のスノーボード選手である理由とは

まず、ニュースで報じられた情報は

スノーボード2014年ソチ五輪日本代表選手。
全日本スキー連盟の強化指定選手。
未成年。

この条件に該当する選手を調べてみると

角野友基選手(19歳)(ソチ五輪出場、強化指定選手
稲村奎汰選手(19歳)(強化指定選手
平野歩夢選手(17歳)(ソチ五輪出場

の3名が該当した。

また、全日本スキー連盟の強化指定選手という情報が有力なため
平野歩夢選手が候補から外れて
角野友基選手と稲村奎汰選手の2名が大麻を使用した可能性が高い。

角野友基選手とは

1996年5月18日生まれ。
出身地は兵庫県川西市。

三木市立平田小学校在学時、8歳の時に父親の影響でスノーボードを始め
11歳でプロに認定されている。

その後、三木市立三木中学校へ進学し
日出高等学校通信制課程を卒業した。

2013年3月26日にスペインのシエラネバダで開催された
スノーボード・ワールドカップスロープスタイルで初優勝している。

現在はSTANCERに所属し
プロスノーボード集団「HYWOD」のメンバーでもある。

稲村奎汰選手とは

1997年3月9日生まれ。
出身地は愛知県。

兄の影響で小学校1年生の頃から
スノーボードを始めている。

出身中学校は扶桑町立扶桑中学校で
出身高校は不明。

その2歳上の兄もスノーボード選手であり
名前は稲村樹(いなむらいつき)選手。

2014年に開催された
BILLABONG ATTACK presented by Xperia
という国内最高峰とも呼ばれる大会では
角野友基選手を抑えて優勝を果たしている。

スポンサードリンク





ネットの反応

コロラド州は大麻が合法なの?

コロラド州について調べてみると人口500万人程度で
日本の福岡県の人口規模とほぼ同じである。

そして、コロラド州では2014年1月に大麻完全合法化がなされている。
合法化がなされたことで健全な雇用が生まれ
雇用率が上がったとのデータもあるくらいだ。

ただ、大麻の使用は21歳以上との規定があるため
今回の未成年での使用はアウトということになる。

さらに日本の法律では
日本国内外問わず、大麻の使用は禁止されているのだ。

大麻についてオバマ大統領が「酒より危険ではない」と過去に発言しているのだが
実際に大麻はお酒よりも依存性が低いとされている。

そのため、コロラド州で大麻が合法化されたからといって
特に犯罪が増えたなどといったこともないようだ。

しかし、大麻を禁止している国の方が圧倒的に多いのが現状で
今回の場合も競技にも支障をきたすとのことなので
そのあたりが問題視されている。

まとめ

「大麻を使用していたスノーボード選手は誰なのか」として
角野友基選手と稲村奎汰選手の名前を挙げたが

未成年という以上は名前の発表はされないと思われるため
確定な情報としてではなく、あくまでも噂程度に捉えてほしい。

しかし、大麻などの薬物問題や違法カジノなど
昨今のスポーツ界はこうした話題が多いという感じがする。

これは、最近の選手の素行の問題なのか
それとも、こうした問題がようやく公の場に現れるようになっただけなのか。

いずれにせよ、各スポーツではこうした問題が起きる前に
しっかりと教育をするなど対策を練る必要がありそうだ。

【関連記事】

平野歩夢は大麻と無縁もスノボ2選手だと風評被害に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • ちぃ~
    • 2016年 4月 28日

    あぁ~この前「ミライモンスター」で紹介されたばかりなのに…
    お互い同じ年でライバル視して頑張ってる仲なのに、本当にこの二人だったら残念です

      • 管理人
      • 2016年 4月 28日

      コメントありがとうございます。
      確かに4月24日放送のミライモンスターに稲村奎汰選手が出演されていましたね。

      その分、注目度や期待度も高かっただけに
      今回の問題は個人的に非常に残念だと感じています。

      今後も同じ問題が起きないよう
      各スポーツ界は再度、呼びかけを徹底してほしいなと思います。

    • たろう
    • 2016年 4月 28日

    稲村奎汰はfacebookとTwitterでこの件への関与を否定しましたよ。

    【皆さんにお伝えしたいので、拡散希望です。シェアしてください。よろしくお願い致します。】
    今回、スノーボードの大麻吸引の不祥事で、僕の名前が出ていますが僕は一切この事件に関わっていません。 今回の件で心配してくださった皆さん、ありがとうございます。 安心してください。僕は一切関わっていません。やってません。 信じてください。

      • 管理人
      • 2016年 4月 28日

      情報提供ありがとうございます。
      確かに否定されていたため、訂正とシェアをさせていただきます。

    • 大麻取締法 24条の8
    • 2016年 4月 28日

    1991年(平成3年)に大麻取締法の改正が行われ、日本国外にて大麻の輸出入・栽培・譲渡し・譲受け・所持等の行為を行った者についても、日本の法律による処罰対象となった(24条の8)。

    この規定によって、国内・国外関係なしに処罰対象になるんですよ

      • 管理人
      • 2016年 4月 28日

      貴重な情報ありがとうございます。
      追記させていただきました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る