平野歩夢は大麻と無縁もスノボ2選手だと風評被害に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

27日発覚したスノーボード日本代表2選手による大麻使用問題。
二人とも未成年ということで名前が伏せられているが

そのせいもあって?風評被害に遭っている選手がいる。
それが平野歩夢(ひらのあゆむ)選手だ。

ここでは、平野歩夢選手が大麻と無縁である理由を述べていきたい。

スポンサードリンク





平野歩夢選手がスノボ2選手ではなく、大麻を使用していない理由

大麻を使用したスノボ2選手の情報について開示されているのが

・未成年である。
・2014年ソチ五輪代表選手である。
・強化指定選手である。

そして時間を空けて
スロープスタイル部門の選手であることも発表された。

そもそも平野歩夢選手は強化指定選手ではないのだが
スロープスタイル部門の選手であるとの発表によって
完全に白となったわけだ。

なぜなら、平野歩夢選手はハーフパイプ部門の選手だからである。

しかし、平野歩夢選手のツイッターには大麻を使用していると
信用した人からの書き込みがあったようだ。


また、平野歩夢選手が大麻を使用していると信用しているものと思われるものも。

スポンサードリンク





平野歩夢選手はなぜ強化指定選手ではないのか?


平野歩夢選手について調べてみると
デビューした2013年のW杯でいきなり優勝をしており
物凄く将来を期待された17歳なのだ。

そんな彼がなぜ強化指定選手ではないのか、調べてみた。

平野歩夢選手は小学校4年生の時にスノーボードメーカーのBURTONと
スポンサー契約を結んでいるのだが、強化選手になってしまうと
そちらでの活動が少なくなってしまうため
活動の優先を考えた結果、強化選手を辞退しているのだ。

おそらく、常日頃お世話になっているスポンサーに恩返しをしたいという気持ちの表れなのだろう。
こういった行動はなかなかできるものではなく、ほとんど例がないものと思われる。

まとめ

平野歩夢選手は大麻を使用したスノボ2選手とは関係ない理由をまとめてみた。

全日本スキー連盟はおそらく平野歩夢選手の風評被害を把握したため
スロープスタイル部門の選手であるとの発表を後からしたのかもしれない。

実名を公表さえできれば、こういった事態にはならないが
やはり未成年である以上、実名発表までは踏み込めないのだろう。

しかし、平野歩夢選手のような日本を代表するエースが
こうした問題によってモチベーションを崩していないかだけが心配である。

おそらく、今回大麻を使用したスノボ2選手とも親交が深かっただろうし
その事実でショックを受けていると思うので
しっかりと気持ちの整理をして、また次の大会でも活躍してほしい。

【関連記事】
大麻使用のスノーボード選手は誰か。角野友基と稲村奎汰で名前が特定か?


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る