年上部下の叱り方や扱い方に困っている場合はコレを意識してみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

会社に長く勤めていると一度は経験するであろう問題の一つとして
年上部下の存在が挙げられる。

それは自分が順調に昇進できたことで相手を追い抜いたり
相手が中途採用されて関わることになったりと要因は様々である。

そして、仕事をする上でそんな年下部下に対する叱り方や扱い方に
困った経験はないだろうか?

ここでは、そんな悩みに対処する方法をご紹介し
少しでも解決の糸口となれば幸いである。

スポンサードリンク





年下部下の叱り方がわからない!

あなたが上司である以上、気が進まなくても
年下部下を叱らなければならない場面があるだろう。

そこで、年上部下の叱り方について意識する点や実践する点を挙げていきたい。

事前に相手の情報を把握しておく

叱る前に年上部下に対する情報をしっかりと把握しておくと良い。
特に意識して仕入れておきたい情報はその年上部下がどのような実績を上げているか。

年上部下の立場としては、年下のあなたに叱られると心のどこかで
「年下のくせに…」と感じていることがほとんど。
これは人間である以上仕方ないことだと割り切って欲しい。

しかし、「〇〇さんはこういった実績があるんだから」などと
一言添えてあげることができれば、年上部下は自分のことを
しっかりと見てくれているんだと感じ

その気持ちはある程度薄らぐため、事前に年上部下の情報を把握することが大切なのだ。

あなたの力が必要なんですという言葉を添える

年上部下は部下とはいえ年上なので、あなたよりも知識が豊富である可能性もあるだろう。
そういう場合は意地を張らず、素直に教えてもらう姿勢を日頃からとっておくのだ。

そのうえで「あなたの力が必要なんです」と言葉を添えることで
年上部下はこの上司のために頑張ろうという気持ちになる可能性が高い。

また、年上部下は人生経験から叱られ慣れしているため
闇雲に叱るよりも、褒めて伸ばすという考え方の方が効果が高い傾向にある。
「あなたの力が必要なんです」という言葉は褒め言葉ではないが
相手を敬っているという姿勢を叱る中でも入れていくことが大切なのだ。

スポンサードリンク





年上部下の上手な扱い方とは

年上部下に対して上手な扱い方をするには
上記の内容と被るが、「相手を敬うこと」を意識しておきたい。

いくらあなたが上司だからといって、年下部下と同じように接してしまうのは
相手のプライドを傷つけてしまうため、それを防ぐために差別化しておきたいからだ。

「相手を敬うこと」としては上記の内容と被る部分もあるが

・敬語を使うこと
・相手を頼ること
・褒める回数を増やすこと

主にこれらを意識して行うことで相手は敬われていると感じ
何かを指示した際に「この人のためなら働こう」という気持ちになりやすいのだ。

年上部下の性格に問題がある場合どうすれば良い?

年上部下によってはその人自体の性格に問題があり
そういった人を相手にしなければならないケースもある。

そのような人に対して上記のような行動を取っても
あまり期待した効果が得られない可能性が高い。

しかも、無理をし過ぎることで自分の負担が大きくなってしまい
パンクしてしまうこともあるため

そのような年上部下を相手にする場合は周りに相談しながら
その人にどう接していくかを判断するべきだろう。

一人で決めてしまうと先入観があるため
できれば複数の人に相談して
最終的に判断したいところだ。

まとめ

年上部下の扱い方や叱り方を中心に説明してきたが
いかがだっただろうか。

いろいろと述べてきたが、一番大切なのは良好な関係が築けるかである。
それによって仕事に大きく影響するであろうチームワークに関わってくるためである。

相手が部下だろうと年上の場合は叱るなど上司としての役割をしっかりとこなしながらも
その中で気を遣っていくことは避けられない。

しかし、年上部下に認めてもらうことができれば
心強い存在となってくれることは間違いないため
ぜひとも、良好な関係を築きたいものだ。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る