告白をLINEで!文章を考える前に男は黙ってこれを意識すべし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

憧れのあの人に告白したい!
だけど、面と向かって言う勇気がない…

そんな時に今や連絡手段の主要ツールとなっている
LINEを利用して告白しようと考えている男性が多くなっている。

その際には、相手に自分の想いをしっかりと表現できる文章を作る必要があるが
一体、どうやって作れば良いのだろうか?

スポンサードリンク





LINEで告白するときの文章のコツ

【まずは下書きをする】

ただ勢いで送信してしまうのではなく
一度、送る内容を文字に表して整理しよう。

そもそも、LINEで告白するメリットは内容をしっかりと練られること。
これを無視して勢いで送ってしまうくらいだったら
目の前で告白する方が勝るだろう。

さらに注意点として下書きはLINEの画面では絶対にやらないこと。
LINEは送信ボタンが押された瞬間に送信されてしまうため
下書き途中の内容が相手に送られてしまっては
取り返しがつかないため
アプリのメモ帳や実際に紙に書いてしまうのもありだろう。

【内容は短く簡潔に意思表示をする】

相手のことを思うとついつい長文になってしまいがちだが
これはあまり良くないとされている。

最初は「お疲れ様」などのクッション言葉を用いて
次に「好き」や「付き合いたい」という意思表示を持っていく流れが良いだろう。
その方が簡潔に伝えることができ、相手にも最初から告白内容を持ってくることで
伝わりやすいためだ。

具体的な文字数としては自己PRでは300字を超えると長いと言われているため
それを超えるのはアウト。

また、LINEでの文章ということを考えると
だいたい150〜200字くらいが良いだろう。

【LINEを送る時間帯もしっかりと決めておく】

文章が決まったらLINEを送るのみだが
なるべく相手が家でゆっくりくつろいでいる時に送るのがベスト。

例えば飲み会で見る場合と家の場合とでは
その時の感じ方が違うためだ。

そのため、可能であれば相手のスケジュールを把握して
家にいる時に届くようにしよう。

スポンサードリンク





そもそも、LINEで告白ってあり?なし?

「男は堂々と直接告白するべき!」などといった意見をよく耳にするが
実際はあり、なしのどちらなのだろうか?

色々調べてみると、調査によってバラつきがあるものの
女性の半数近くが「なし」と思っているのだそう。

逆に半数近くは「あり」と思っているということになるため
あなたが気に入っている人がどちらの考えを持っているのかは
運になってしまう。

しかし、実際に目の前で告白するとなると
緊張で思ったことが言えない可能性が高いため
LINEで告白する場合はそういった理由もしっかりと相手に伝えることが
大切なのではないだろうか。

また、半数近くがLINEでの告白が「なし」だと思っていても
それが断られる理由にはならない。

例えばあなたが女の子からLINEで告白されたと考えて
前から良いなと思っている人であれば
LINEでもOKするのではないだろうか?

それと同じ考えなのである。

さらに、「本気なら男は2度告白しろ」という言葉もあり
1回目はLINEで告白してみて仮にダメだった場合
2回目は直接告白するという形にも持っていける。

それに直接告白するというのは相手にも大きな負担をかけてしまうため
今は便利な連絡ツールであるLINEを告白に活用することは
やり方次第では、印象を悪く与えないことが可能だろう。

あとは、何もしないよりも告白したという経験が大事なのである。
相手に想いを伝えて失敗したとしても
何もしないよりは確実に今後においてこの経験が活かされるであろう。

そういった考えを持って告白に挑むと少し気持ちが楽になるかもしれない。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る